風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

あ!また、やってしまったワ。(>_<) :: 2008/08/11(Mon)

2008.8.10. 今日のお花


  ← URLいつものお花屋さんで、
  これも千円。
  昨日は、看板おかあさんが、
  「これも向日葵なんですよ。」と、
  褐色の素敵な2輪をおまけして
  くれました。

      . : * :・’゜☆ . : * :☆ .


ところで、本のタイトルの字面だけの引用で申し訳ないのですが、ひと昔前、
「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が話題になりましたが、
実は私、道を聞かれることがとても苦手なのです。

もう・・・ぼや~っと歩いているときに、
「あのぅ、すみません・・。」と声をかけられますと・・・。

そう、頭に何の用意もないときに、突然、道を尋ねられると・・・殆んどパニック・・。

昨日は、生涯で最悪の道案内をしてしまった・・。
かつて、山手線で外人さんに道を尋ねられて、
しどろもどろの英語で応じたときよりひどかった・・・。

だって、反対の方角を教えてしまったんですもの・・・・。

                 ----*----*----

お花の束とエコバックいっぱいの買い物の荷物とを持って、
私はふうふう歩いておりました。

そこにバイクに乗った、どこぞのオトウサン。

「あのぅ、この辺りに、○○寿司ってありますか。」

頭の中で、壊れかけの検索エンジンが懸命に「○○寿司」を探します。

「ああ、1度とったけれど、案外美味しくなくて、その後は・・。」(口にはしませんよ。)
と、思い当たって、私は必死にお教えしたのです。

                 ----*----*----

家に辿り着いて、夫に聞いてみました。

「ねえ、○○寿司の場所を聞かれてね、
 『ここを真っ直ぐに行くと、信号のあるバス通りにぶつかります。
  その道を△△方面に道なりに行ってください。
  右手に大きな看板があって、そこがおすし屋さんですから。』
と、教えたの。完璧よね?」

「違うよ。反対方向。□□方面だよ。」

「え~~鐚 ○○寿司って、A町バス停とB町バス停の間だった鐚
やだ~~、あの人と、またどこかで会っちゃったら、どうしよう~~

「だって、その人、大人でしょ?バイクだったんでしょ?大丈夫だよ。」

「そうよねえ。見つからなかったら、また誰かに聞くわよねえ・・。

昨日のバイクのオトウサン、偶然、この記事を読んでいたら、

     ごめんなさい。おゆるしを。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。