風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「人生の秋に」 :: 2008/07/23(Wed)

              最上のわざ―熟年者の祈り

          この世の最上のわざは何?
          楽しい心で年をとり、
          働きたいけれども休み、
          しゃべりたいけれども黙り、
          失望しそうなときに希望し、
          従順に、平静に、おのれの十字架をになう―。
          若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、ねたまず、
          人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、
          弱って、もはや人のために役立たずとも、
          親切で柔和であること―。
          老いの重荷は神の賜物。
          古びた心に、これで最後のみがきをかける。
          まことのふるさとへ行くために―。
          おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしていくのは、
          まことにえらい仕事―。
          こうして何もできなくなれば、
          それをけんそんに承諾するのだ。
          神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。
          それは祈りだ―。
          手は何もできない。
          けれども最後まで合掌できる。
          愛するすべての人のうえに、
          神の恵みを求めるために―。
          すべてをなし終えたら、
          臨終の床に神の声をきくだろう。
           「来よ、わが友よ、われ汝を見棄てじ」と―。
              

                  ~ホイヴェルス神父/「人生の秋に」(春秋社)~

               : * :・’゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・’

 上は、もう何年も前から、胸を打たれていたものの、
 この年齢の私(今、52才ですが)が語ることはおこがましいかしら、と、
 ずっと心に秘めていた祈りの言葉です。
 それでも、今日、整形外科での診察の順番を待ちながら読んでいた本に、
 この「言葉」が取り上げられているのを見つけて、もう1度感動して、私も
 ここにご紹介することにしました。

 ところで、頚椎と腰椎の痛みが長引くので、
 今週、2回に分けてMRI検査を受けることになりました。
 あくまで、「念のため」、またまた、「大山鳴動して鼠一匹」という
 結末を迎えるのでしょうけれど・・。

 あ~~~!面倒!!!・・・年は取りたくないもんです。(T_T)

                : * :・’゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・’


人生の秋に―ホイヴェルス随想選集人生の秋に―ホイヴェルス随想選集
(2002/06)
へルマン ホイヴェルス

商品詳細を見る


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
   


テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。