風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

初孫の微笑み :: 2015/09/26(Sat)

小さい手 その時、人々が、手を置いて祈って
 いただこうとして、イエスのもとに
 幼子たちを連れてきた。すると、
 弟子たちはその人々を叱りつけた。
 しかし、イエスは仰せになった、
 「そのままにしておきなさい。
  幼子たちが、わたしのもとに
来るのを妨げてはならない。天の国は、このような者たちのものだからである」。
そして、幼子たちの上に手を置いてから、そこを去っていかれた。
 (マタイによる福音書19章13節~15節/
      「新約聖書」フランシスコ会聖書研究所訳注/サンパウロ)


生まれて間もない赤ちゃんが、ふとした時ににっこり微笑むことがある。
新生児微笑というそうだ。

孫が生まれて、娘が産後の里帰りをしている。大人ばかりで静かだった
わが家は30年ぶりにベビーの居る暮らしが始まり、束の間だが、
赤ん坊の泣き声と大人たちのあやし声で活気を取り戻している。

そして、わが家でも大人たちが
孫の愛らしくふくよかな微笑みに魅了されている。

新生児微笑とは、赤ん坊の感情表現ではなく、
反射のようなものだと聞いた。自分を守るために赤ん坊に生れつき
備わった本能だとも聞いた。赤ん坊の笑顔を見た周りの人が
赤ん坊を大事しないではいられなくなるからだそうだ。

それが本当なら、人間とは何と特別な被造物なのだろうと
心を打たれてしまった。
自分の命を守るために、敵と闘うための何かではなく、
微笑みという本能を与えられて生まれてくるとは。

多くの家庭と同じく、わが家にもそれなりの苦労があり、
家族はそれぞれの思いを生きている。
しかし、自分で移動することもできないほど無力で小さな
赤ん坊の存在が、いつの間にか私たちを一つの部屋に集め、
しばしば見せる天賦の微笑みが、私たちまで微笑みで満たしてくれるのだ。
幸せとは何と慎ましいものなのだろう。

「微笑はとても大切です。
 私たちが微笑することができなければ、世界は平和になることができません。」
(ティク・ナット・ハン
   /「仏の教え ビーイング・ピース ほほえみが人を生かす」/中公文庫)




いつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。