風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

時のしるし :: 2013/08/20(Tue)

ショー記念礼拝堂の樹木 狭い、狭い、あまりにも
 狭い、たかだか1500人程
 しかいない小さな
 教会共同体にあって、
 長年にわたって築いて
 きた自分の「場」を
 若い世代に譲れない人が
 いるものだ。
 どうしてなのだろう。
 教会の外にも能力を
 発揮できる場がある
 だろうに、他者を、
 自分の位置を脅かす
 人か、自分の味方かの
 2通りにしか受け留め
 られないタイプの人だ。
そういう人が「神さま」を引き合いに出して、気に入らない人を大声で批判する…
悲しいことに、教会共同体には、そんな弱さがむき出しになる部分がある。
一部の人なのだが、声は大きいのだ。ベテランではなく古株、ボスと呼ばれる
タイプの人たちである。
自分に従順な「子分」なら存在を認めてやるが、自由な物言いを望む者には容赦ない。

教会のそういう部分に辟易して、かなりの間、教会共同体という群れに背を向けて、
神さまと1対1の信仰にすがりついてきた私であるが、「トリックスター」のような友人に
「はめられて?」教会共同体にもろに向かい合うことになってしまった。
私の側には闘う気持ちなど微塵もないのだが、この歳にして「若い世代」と勘違いされ、
気に入らない「敵」と見なされて、教会が居心地の悪い場所になっている。
一定の責任を負わされていなかった以前の私だったら、私自身が行方不明になれる
都内の大きな教会に身をひそめたいところである。
しかし、今は教会によって決められた約束の期間がある。
何もかも放り出して脱走しなくなっただけでも、我ながら成長したものだと思う。

ある本で「時のしるし」という言葉を知った。
この小さい私にとっての「時のしるし」を思うなら、与えられている今の試練こそ、
「時のしるし」なのだろう。
たかだか1500人のコミュニティーで、何人もの人を傷つけた、いや、傷つけざるを得なかった年上の
人々と対峙させられる今、神さまが私に求められていらっしゃる「時のしるし」の意味を考えたいと思う。
頭では分かっている。心で、強い意志で受け留めることができるまで。

「彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じた」
                      ~ローマの信徒への手紙4:18より~

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。