風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「錆びついた道具」の役割 :: 2013/08/15(Thu)

雲場池 3 あろうことか、
 昨年から教会の
 入門講座に関わっている。
 それで、ますます
 「神の道具としての自分」
 について考える機会が
 多くなった。道具としては、
 ずい分と錆びつき、
 腐食した私で、かえって
 受講者の皆さんを
 はじめとする周囲の
 皆さんに助けられて、
 何とかやっている。
 時に落ち込んだり、
 くよくよしたりする私を、
 周囲の皆さんが
 温かく赦して下さっている。
 皆さんとの交流のうちに、
 私の生来の悪い心が次第に
 矯められているのに
 気づかされることもある。
 何と幸せなことだろう。

 ご多分にもれず、
私の属する教会共同体も司祭不足の影響を受けて、苦しい状況にある。
にもかかわらず、イエスさまとの出会いを求めて教会を訪れて下さる方は多い。

そういう受講者の皆さんのうちの何人が受洗にまで至るのかは、
神さまにしか分からない。

何もかもが初めてで、手探り状態だった昨年、洗礼を受けることが
全くの恵みであることを、私は思い知った。
見た目には残念なことに感じられても、すべての流れが1人1人にとって
最も良いものになることを、昨年も目撃し、
今も目撃し続けている気持ちである。

若い日に偶然読んだパリ・ミッション会のカンドウ神父様の本に、
「神さまの先回りをしてはならない」
というお言葉があった。「宣教」ということを考えるときの
座右の銘にしてきたお言葉である。
「錆びついた道具」の私に出来るのは、訪れて下さる方のために
所属している教会共同体を少しでも「良い居場所」とすること、
そして、講座の皆さんのために祈り続けることだと思う。

たったこれだけのことなのだが、完全にすることの難しさを日々感じている。
私のためにも祈りが必要だ。

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。