風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

レクチオ・ディヴィナを始めてみた :: 2013/04/30(Tue)

レクチオ・ディヴィナという聖書の読み方があるのを
耳にして、何年が経つだろう。
その時に買った手引き書的な本、
「目からウロコ・聖書の読み方―レクチオ・ディヴィナ入門」
                /来住英俊/女子パウロ会
も書棚の中で手つかずの新品のままにしていた。

来住神父様はこの本の中で、
「多くの信徒が『自分はもっと祈らなければならない』と悩んでいます。
そういう悩みや不安が起こるのは『私ともっと親しくなろうじゃないか』と、
神があなたに呼びかけておられるからです。」
と述べておられる。

何事も要領の悪い私は、いつも時間に追われて睡眠不足だが、
この連休に入って、この読み方で
詩編(「詩編 ともに祈り、ともに歌う 現代語訳」
        /典礼委員会詩編小委員会/あかし書房)
を味わってみようと思って、レクチオ・ディヴィナを始めてみた。

祈りとして聖書を読むこと。
読んでいると、私の心はすぐにその場を離れがちだし、
すぐに居眠りを始めてしまう。
神さま、続けられますように、私をお導きください。

今日は「詩編 3」。

今日心に響いた言葉
3:4 わたしを高く上げてくださるかた。
3:5 神は とうとい山から答えられる。
3:6 わたしは伏して眠り、また目を さます。
3:9 祝福を あなたの民の上に。

日常を生きていると、いろいろなことがスムーズに進まない。
多くは「あまりにばかばかしいこと」。
やらなくてはいけない本質的なこととは無関係なことに足止めされる。

しかし、思えば何年か前の私は、こういうことにさえ脅えていた。
自分が人から、どう見られているのかということが大きな問題だった。
自分の周囲は意地悪な敵ばかりだと感じていた。

今は必要を感じたら、怒りを素直に相手に伝えるようになった。
よく考えてから、怒りを伝えるようになった。

遠い昔、
「良く祈って、自分に出来る限りのことをしたなら、
 あとは神さまにお任せだよ。」と、
土地の言葉で励まして下さった竹を割ったような性格の
亡き先輩の言葉が今さらのように耳に甦る。
私は神が守っていてくださることに信頼しながら、
「伏して眠り、また目をさます。」

しかし、神さま、無責任な態度を取り、
私にどんなに忙しさを押しつける「同僚」であっても、
その人もあなたの民の一人。
心優しかったあの先輩にように、
私にも、その人のために、あなたの祝福を願う優しさを与えてください。

レクチオ・ディヴィナについては、
片柳神父様のブログにも説明がある。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。