風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「ちっちゃな もぐら」/佐久間彪・絵と文/至光社 :: 2013/04/13(Sat)

            ちっちゃなもぐら

            思いもかけない贈り物。
            36年も前、洗礼を授けて頂いた神父様の新刊の絵本。
            感謝のうちに、味わい味わい繰り返し拝読した。
            出版元の至光社に尋ねたら、発売はこれから、とのこと。


       わたしたちは誰も、行く手も分からなままに、
     来る日も来る日も、その日そのときに、
     目の前に与えられた出来事を
     懸命に片付け片付け、ただただ歩みを続けます。
     ときどき払い落す泥は、
     悲しみでしょうか、怒りでしょうか、悔しさでしょうか。
     あるいは何らかの罪の意識でしょうか。 
     それでも、
     懸命に、ひたすら歩みを続けると、
     神さまだけに可能な
     絶妙のタイミングで、
     必要なときに
     最良の友の中の友との出会いが
     与えられることもあります…。
         
     わが身を振り返って、
     確かにそんなことが何度もあり、
     そのたびに救われ、
     人生が少しほんものに近づいた…、
     そんなことを思いました。
                感謝のうちに。



 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. この1冊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。