風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「おバカさん」が遺したもの -G・ネラン神父記念シンポジウム- :: 2011/09/24(Sat)

  9月24日(土)まで、これをトップ記事にさせて戴きます。
  新しい投稿記事は、この記事の下にあります。
  新宿区歌舞伎町のカウンターバー「エポペ」からのお知らせです。
  


  追伸です。9月7日付の「エポペ航行日誌」によりますと、
  エポペは今月30日で31年間の歴史に幕を閉じるそうです。(9/7記)

ネラン神父の記念シンポジウムが以下の内容で開催されます。
事前の予約などは必要ありませんので、皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

「おバカさん」が遺したもの
-G・ネラン神父記念シンポジウム-

9月24日(土)
午後1時30分~3時30分
真生会館4階 第7会議室 (会費500円)

パネラー:
進藤重光
(「エポペ」代表役員・NPO法人HINT代表理事)
山内継祐
(カトリック社会問題研究所『福音と社会』編集担当全国委員・元ネラン塾塾頭)
山根道公
(ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所准教授・遠藤周作学会事務局長)
司 会 :オリビエ・シェガレ
(真生会館館長・パリ外国宣教会日本管区管区長)
(敬称略・あいうえお順)
主 催 :財団法人 真生会館

    真生会館をクリックしてください。
    さらに「案内」をクリックしますと場所が記載されています。
    
    エポペ
    エポペ航行日誌



テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. お知らせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。