風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

後悔 :: 2011/08/23(Tue)

天上からの光 今日。
 悲しみと後悔を思い出す日。
 父から最後の電話があった日。

 あのとき、
 携帯電話の設定ミスのために、
 私は、父からの電話に気づかなかった。

 ああ、父がこの世での
 いちばんの孤立感に

のたうち回っていた頃。

生まれてからそれまでの間の、子どもとしての言い分はあったけれど、
私は父に対して大きな罪を犯したと感じている。

あのとき、私の思い煩いだった、
1年任期のはずが2年に延びた
教会の押し付けられ仕事が一段落したら、
ふるさとに、
寂しさに歪んだ父の、その顔を見に行ったなら、
取り返しがつくと思っていた。

同居している兄夫婦との関係を
うまく保てない父を、私は愚かだと思っていた。

それなのに、
私が愚かだと思っていた父は、大馬鹿娘のこの私に
私名義のものなどを遺していてくれたのだ。

死はあまりにも簡単に
あまりにも平然と
何もかもを奪い去る。

年老いた病人は、私のそれまでの長年の忍耐を粉微塵にして、
あくまでも支配的だった両親への、私の恨み辛みを粉微塵にして、
あっと言う間に逝ってしまった。

そうだ。
私は、今、生きて煉獄を味わっている。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。