風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

私、頑張っていますよ!~野菜料理~ :: 2010/08/25(Wed)

キッチンに立つことを期待されるだけで、顔が青ざめるやなぎはっかの
野菜料理のご紹介です。

早速、漬けてみました(はぐらうり、きゅうり)即席漬け ←
 はぐらうり
 きゅうりは、
 野菜を洗う
 ついでに、
 早速、即席漬け
 にしてみました。









                    ↓さらに、そのついでに、茄子もぬか床に…。
                     ぬか漬け 茄子


戴いた食材から 2010.8.23
ゴーヤのてんぷら
おいしいですね
ゴーヤを半分に切ります。
今度はそれを

半分に切ります。
種とわたを取り除きます。
次に1~1.5センチ位の幅に
縦に細長く切ります。
それを塩でもんで、
10分ほど置きます。
水で洗って、
「コツの○○ない
 天ぷら粉」のように、カラッと揚がる天ぷら粉の衣をつけて揚げます。


「茄子のしんやき」って、ご存知ですか?
多分「茄子のしぎ焼き」が本当だと思うのですが、やなぎはっかが育った地方では
そう呼びます。母の得意料理でした。
やなぎはっかは、母が作ってくれた「しんやき」とは、ちょっと違うアレンジをします。
今回は、茄子、冷凍かぼちゃ、うす揚げ、生姜を使いました。^^;
茄子の切り方も、野菜・調味料の量も適当です。
料理下手なんだから、分量ぐらいきちんと計ればよいのにね…
生姜は千切り、茄子、うす揚げは食べやすい大きさに切りました。(^^ゞ
味噌、酒、みりん、砂糖を合わせておきます。
厚手の鍋にごま油(量は適当)を熱して、茄子と生姜を炒めます。
火力を弱めて、茄子に火が通るまで、よく炒めます。
茄子に火が通ったら、冷凍かぼちゃとうす揚げ(両方とも普通は入れません)を
鍋に入れて、ざっくりと混ぜ、味噌、酒、みりん、砂糖の調味料を加えて混ぜます。
調味料に火が通り、野菜と馴染んだら出来あがり…^^;


はぐらうりは、塩を振って、またまた即席漬けにしました。懐かしい味です。↑


ゴーヤの佃煮 さて、新盆見舞いの
 お客様用のお料理で、
 兄嫁さんが作った
 ゴーヤの佃煮
 美味しかったので、
 レシピをもらって
 きました。
 ←
 ゴーヤ500g
(さっと茹でる)、
 三温糖150g、
 醤油・大さじ5
 五倍酢20cc。
 仕上げに、
かつお節10g、白ごま・大さじ3を入れて混ぜる。


五倍酢というのは、農協でしか手に入らないとのことで、普通の食酢にしました。

もらってきた野菜は、まだまだ冷蔵庫にたくさんあります。
無駄なく、最後までいただきたいので、「はやうまレシピ」の元祖みたいな
栗原はるみさんのお料理本や、ネットを調べて調理法を選んでいます。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
banner2.gif c_02.gif



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. わたしの作品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。