風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

模索 :: 2010/07/08(Thu)

見上げたら、山吹

 お互いに助け合うことなしには、
 信仰は絶対に成長しません。
 ~略~
 教会にいっしょに行く人がいないとき、
 信仰を成長させることはむずかしいのです。
 自分が教会に行きたくないときにも、
 一緒に行こうと言ってくれる人、
 自分の喜びや苦しみを一緒に話し合える人、
 そういう人がいれば信仰も成長します。
 私たちは弱い弱い人間ですから。

     …「キリストとその教会―カトリック要理解説―」
                 /百瀬文晃著/中央出版社…


教会という場所は、安心して弱音を吐けるところかしら、と、たびたび感じて来ました。

たとえば、私は昨年夏に父を亡くして、そのことについては
相変わらず強い後悔の念にさいなまれているのですが、
「そんなことはないか」と、殆んど同時期に親御さんを亡くされた方に
何気なく訊ねてしまったら、
「後悔があるのは、信仰が足りないから。
私は神さまに何もかもお任せしているから後悔なんてしないわ。」と、
私の薄い信仰をたしなめられました。

あらまあ、ご立派なのねえ…

こういう、神父様顔負けの「お説教」、神さま顔負けの「裁き」に遭いますと、
自らの悲しみ、苦しみに素直であることの大切さを感じないではいられません。
(むしろ、神父様の方が弱虫、泣き虫だったりして…

難しいお話にしないで、肩肘張らず、ほわほわ~っとした場を
設けられたらなあ、と、模索しています。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif




テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。