風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

 どんなに祈っても祈っても…「たとえ、遅くなっても、待っておれ」 :: 2010/06/27(Sun)

買い物帰りの紫陽花 2010

 それは終わりの日に向かって急ぐ。
 人を欺くことはない。
 たとえ、遅くなっても、待っておれ。
 それは必ず来る、遅れることはない。」
           ~ハバクク書 2:

 わたしの立っているところは揺れ動いた。
 わたしは静かに待つ
 我々に攻めかかる民に
 苦しみの日が臨むのを
           ~ハバクク書 3:16


     「主よ、わたしが助けを求めて叫んでいるのに
      いつまで、あなたは聞いてくださらないのか。
      わたしがあなたに『不法』と訴えているのに
      あなたは助けてくださらない。」(ハバクク書 1:

預言者ハバククが主に対して、嘆きの祈りを繰り返します。
人が自分のまことの想いを誰かに訴えるときは、
無意識にも相手が信頼できる人物かを見極めるだろうと思います。
ハバククは絶対に間違えることのない方、神に向かって、全く信頼して、
自分の嘆きを隠さずに「なぜか?」と訴えたのだと思います。

それにしても、どんなに祈っても祈っても、
神の存在そのものを疑いたくなるほどに、
置かれた状況がよくならないことが、私たちにはたびたびあります。
どうしてかは、私たちが立ち入ることのできないこと…。

わが家にもそれなりの問題があり、将来を案じたり、
焦ったり、ときとして心配ごとのために、
愚かな母親は眠れない夜を過ごしたりするのですが、
どうしようもない現実の中で、
静かに待つことの中に、なけなしの希望を感じたりします。

「わたしの立っているところは揺れ動いた」とありますが、
それが危機に陥ったときの人の心のように感じられ、
そんなときにも、たとえ心の中は畏れで震えていても、
ともかく神さまに信頼し続けること、静かに待っていること、
そこから、新しい力が湧いてくるような想いを抱きました。

†神さま、日々の生活の中であなたを信頼し続けることは
 本当は難しいことです。
 どんなときもあなたがそばにいらっしゃるのに、
 ついつい、それを忘れてしまうほどに難しいことです。
 どうぞ、目にも見えず、耳にも聞こえず、手で触れることもできない
 あなたを信じ、信じ続ける力をお与えください。
 あなたは、確かにおいでになり、
 あなたのみ旨は、たとえ遅くなっても必ず来て、遅れることはないのですから。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif



テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。