風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

子どもたちから贈られたもの その12 :: 2010/02/07(Sun)

             利根川河川敷・取手市
              利根川河川敷・車窓より


     母も居場所を求めていたのでしょう。

     母はリーダーシップに恵まれ、何事にも行き届き、
     その上「ものが分かった人」として、常に周囲の尊敬を集めていました。

     そんな母なのに、死の間際まで、私を傷つけないでいられなかったのは、
     母には甘えを赦される場所が、
     母と私との間にしかなかったからなのかも知れません。

     大勢のきょうだいの長女でしたから、祖母にとって、娘である母は
     頼りになる「助手」だったのかも知れません。
     弟や妹たちにとっては、母親代わりだったのかも知れません。

     無意識のうちに、緊張した感情を吐き出す場所を、
     母は求めていたのかも知れません。
     思い切り呼吸できる場所を求めていたのかも知れません。

     まことに幸せな人なら、
     その場所を、幼いわが子に求めることはなかったのでしょう。
     まことに幸せな人なら、
     自分の居場所がどこにあるかを知っています。

     …でも、私の子どもたちが幼かったころ、
     私も子どもたちのうちに
     自分の居場所を求めていました。


     おかあさん、私は今日、あなたの寂しさに触れました。


                 ~用事があって、実家に行きました。お墓参りもできました。~


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif



テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。