風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

子どもたちから贈られたもの その11・後記 :: 2010/02/06(Sat)

自分のものの見方を変えてしまいそうな気づきを
文章にするということ。そのときの、こみ上げるような心の動きを
読んで下さる方に伝わるように表現するのは難しいことです。
気づきとはあまりに主観的なものですから、
説明のしようがなく、1人1人が「体験」して理解する以外に
方法がないのだと思います。
イエスさまが、1人1人と出会う方であることと似ているのかも
しれません。
実際、「気づくこと」とは「イエスとの出会い」であると、
私はたびたび実感します。

昨日は、自分の性格タイプについて、少し言及しました。

性格とはどうしようもないもので、自己嫌悪型の私は、
私の属する性格タイプの長所に触れることに抵抗を感じてしまうのです。
なぜなら、同じ性格タイプと思しきアブサロムの長所に触れることは、
自分の長所をも認めるということなのですから。
…そんな、はしたない…。

でも、その感情を乗り越えませんと、
アブサロムの心情を想像することができません。

ACにとって、自分を褒めることは、大変な良薬になります。

この機会を利用することにしました。
私の属する性格タイプの長所を認めること。
今後の自分のために受け入れることにします。
くれぐれも、「妄想」に陥らないように。

             ‥…━━━━━☆‥…━━━━━☆

自分の属する性格タイプの長所を認めるということ。

ACという傷がもたらす様々な混乱から解き放たれるために、
「アダルトチャイルドが人生を変えていく本」という本と
友人のアドバイスで、「自分を褒めるノート」を作った時期がありました。

たとえば、ある日の記述。
「すごい!!すごい!!すごい
 えらいっ!!ほんとうにえらい!!

 地区の連絡網。5人の班長さん全員に、
 大きらいな、本当に大きらいな電話で
 メールに逃げないで、電話で、連絡のお願いができた

 今年になって、いちばん勇気のあった日。」

書き留めたら、そのページに自分で花丸を付けます。

ACという傷を癒すために、自分を褒めることは本当に

い~い薬です

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。