風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

これが今の「仕事」 :: 2010/01/07(Thu)

私が籍を置いている教会では、新しい年度を迎えました。
地区の「お節介係」だけが1月いっぱい2009年度を引きずっています。

最後の仕事 昨日の午前中は、2年間の
 お節介の「締め」の作業をしました。
 次年度の連絡網作りのための
 小さい作業です。
(ホント、やらなくてもいい、
 まったくお節介なことなんです)


でも、この2年間、身近な友人にぶーぶー文句を言いつつも、
信頼できる人の前で感情を爆発させつつも、
この鼻もちならず、しかも人間嫌いの私が、何とか地面に足を踏ん張って、
「教会社会」との関わりをつなぎ続けることができたのですね。
  
イエスさまの名刺まあ、やっと今年からは
したいことだけをして、
と思っていた私には、
新たな「修行の2年間」
が待っていたわけですが、
その役のパートナーが
頼れる方なので、
きっと大丈夫でしょう。

それで、くよくよしない午後でしたので、その後は「やりたいこと」の方をしました。
だって、「今はこっちが大変だから。」と後回しにしたら、やりたいことなんて一生できそうもない…。

イエスさまの名刺 2パストラル・ケアの第一人者の
W.キッペス神父様が、
かなり前に
URL「イエスさまの名刺」を考案されて、
欲しい方に分けて
いらっしゃるんです。
私も欲しくて、でも、
ただでいただくのは申し訳なくて、バス代を節約する「ダイエット貯金」で
貯めた少額をカンパをさせていただきつつ、分けていただいたことがありました。

昨年、偶然にも、私たちの教会にいらっしゃったある神父様が、
ミサのお説教の中でその名刺のお話をしてくださいました。
そこで、私たちの教会でもキッペス神父様にお断りした上で「イエスさまの名刺」を作って、
初めて教会にいらっしゃった方にお分けしましょう、ということになりました。
実は、私たちの教会で作るその名刺の「製作担当者?汗」は、私なんです。
で、私も自宅で個人的に印刷して、慰めが必要な方への、小さいプレゼントにしています。

世の中のどんな名刺より、人様とお近づきになれる、素敵な名刺だと思います。
どんな名刺か…って?
それは、この記事の中の「イエスさまの名刺」↑をクリックして、
名刺に何が書いてあるかを、ご覧になってください。

午後は、この名刺の個人用を印刷していたのです。
これは「やりたいことの足がかり」のさらに「足がかり」なのですが。

私の大事な友人が、
「関心・気持ち、焦点を他者に合わせて、みんなとの作業をしていると『浮いた感じ』がしなくなる。」
と、かつて、教えてくれました。
…今でも、私の内側に潜む「他の人と生きている世界が違う」ような寂しさは
否めないのですが、「みんなとの作業、仕事」が、私を「虚しさ」から
解放してくれていることは確かなようです。
…これが「いまを生きている」ということなのかな。

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。