風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「主の公現」 :: 2010/01/01(Fri)

三博士

 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、
 東方で見た星が先立って進み、
 ついに幼子のいる場所に止まった。
 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
         ~マタイ福音書 2:9,10 


 新年が明けました。
 やなぎはっかは喪中ですので、
 お祝いを述べることを控えますが、
 本年もよろしくお願いいたします。


次の主日1月3日、カトリック教会では「主の公現」を祝います。
この祭日については、 カトリック東京大司教区が開いているブログ、
福音のヒントに、分かりやすい解説があります。

                   
占星術の学者たちが帰ってから、ヨセフ、マリア、幼子イエスは、エジプトに避難します。

占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。
「起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、
そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」
ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、ヘロデが死ぬまで
そこにいた。    ~マタイ福音書 2:13-15

                 
                  
                  

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

banner2.gif c_02.gif



テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. クリスマス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。