風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

父を思う :: 2008/03/23(Sun)

「わたしは何者か」

            
       わたしの周りに過去に起こり、
       また、いま起こりつつある、
       望ましくない出来事を、
       「わたしのせいだ。」と
       責めるのは、
       傲慢なことなのかもしれない。

       「わたしのせい」で、
       何かが変わるほどに、
       人間に与えられた人生は
       安っぽくない。



「エンドレスな『自分史』」

       始まりから終わりまで、
       単語の順番さえ決まっている、
       いつもの長い長いお話。

       わたしに
       相槌も打たせずに続く
       果てのない、取り止めのないお話が、
       現実の病の「痛み」を生きるあなたの、
       その恐れを静めている。


                       2007.11月 記

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

  1. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。