風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「諸聖人の日」に :: 2009/11/01(Sun)

           

「諸聖人の日」の今日、朝ミサを父と母のために神さまに捧げていただいた。
お説教を伺ううちに、ちょっと気づいたことがある。
・・・それは、後ほど・・・という書き方をすると、約束を果たすのに時間がかかるのが私の常。

朝ミサが終わって、神父様にお礼を申し上げて、
「これから、五日市のカトリック墓地まで、今度は姑のお墓参りに行って来ます!」
と、夫が待つ教会の最寄駅まで急いだ。

駅で待っていた笑顔 矢印この御仁、ミサが少しでも長いと、急に教会にご無沙汰しちゃうのだ。

・・ったく!むぅ・・・       …今の神父様、そうねぇ…汗

武蔵増戸駅を降りて、霊園が見えてくると、
霊園のお隣のURLカトリックあきる野教会に「東京教区合同追悼ミサ」の垂れ幕。
オレンジ色の帽子の案内ボランティアらしい皆さんが何人も・・。
そういえば、駅にも同じ帽子の方が2人いた・・。
この墓地に眠る故人のための合同追悼ミサが立てられるらしい。
駅と霊園の間、霊園の事務所と高台にある墓地との間をシャトルバス代わりの
ワンボックスカーで送迎までしてくれている。
バケツ、掃除用具の手配まで、細やかなお気遣いが嬉しかった。

さらには、手作りおにぎり、トン汁、お花の販売、飲み物サービス・・・。wakuwaku
さっそくありつこうと思ったら、 笑顔が、私を無視して、さっさと墓地への坂道を登り始めた。

・・ったくぅ!むぅ・・・

2日前の亡き姑の誕生日に、舅がお墓参りに来たようで、
お墓はお掃除のし様がないほどきれいだった。
舅は、姑が亡くなってから20年以上、毎月、月の命日の墓参を欠かさない。
私たちは、簡単にお掃除をすませると、たまにしか来ないのに、
あれやこれやと長~いお願いjumee☆faceA80をしてお参りをすませた。

予報通り、天気の急変を告げるかのように、「何か、変」な空。
帰り道、夫の歩幅が大きくなり、どんどん早足になる。かおまる
そして、武蔵増戸駅近くのお寿司屋さんの前で、ぴたりと止まった。jumee☆lucky1R

このお店は今日で2度目で、とても美味しいのに、良心的なお値段絵文字名を入力してください
夫は「そんな人、この世に居たの?」と驚いたけれど、実は、人見知りが強いやなぎはっか、
本日「カウンター席デビューアップロードファイル」と相成った。

なお、カトリックあきる野教会が産声をあげたころについては、
URL坂倉神父様のHPに、びっくりするような体験談が掲載されている。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。