風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「立ち止まるたびに これでいいのかととまどい…」 :: 2009/10/25(Sun)

P1000268.jpg 



 今私が願うのは
 葡萄の蔓をなぞって生きることだ
 疲れた鳥を休ませる枝も持たず
 支えを求めてはおろおろ歩き
 立ち止まるたびに
 これでいいのかととまどい
 酸っぱい魂を
 どうにか結実させるしかない
 痩せた野葡萄の蔓であっても
 
     ~「痩せた葡萄の蔓」より・抜粋~
            牟礼慶子詩集/思潮社





またまた、ご無沙汰しております。
何に追われていたのか、いやいや、何のためにぼーっとしていたのか、
何かを行いつつも手につかないまま、
そういう自分を許せずに、
それでいて、
「大丈夫だと答えられない私に、大丈夫かと尋ねないで欲しい。」
と、目いっぱい自分を甘やかしながら、この2週間ほどを過ごしておりました。

さあ、時間にゆとりが出来たなら、私の宿題と向き合わなくてはなりますまい。
「子どもだったわたし」と、いよいよ向かい合わなくてはなりますまい。

かつて、「自分探し」という言葉が流行ったころ、
あるシスターに言われました。
「自分を探すということは、神さまを探すことなのよ。」と。



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。