風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

限界と向かい合うとき・・。 :: 2008/04/12(Sat)

           2008・4・12 なつつばき


           後ろ向きの性格なので、ときどき、
           自分にとって当たり前だったことが、
           当たり前ではなくなったときのこと

           を思います。

           計画通りに運んでいた物事が、
           突発的な事情で、すべて駄目になって、

           「なぜ、今、この私に?」
           と、悲しく怒る自分を思ってしまいます。

           でも、そういうことがわが身に起こったときは、           
           それまでの自分がいかに恵まれていたかに
           気づかされるときでもあるのだろうな、
           と思います。

           自らの限界を思い知ることは
           ほんの一部分とはいえ、
           「ありのままの私」に気づかされること
           と呼んでよいのでしょうか。

           初老期の今、やがて死ぬ存在であることを、
           より一層意識するようになりました。
           現状は如何に辛くても、悔しくても、
           自分が置かれている立場、
           生きている世界での幸福を認め、
           感謝できる私でありたいと願ったりします。

           と記しながら、
           このような在り方とは程遠い生涯を
           自分が閉じることになっても、
           そのときの私を慈しむことのできる
           自然な心でいられたら
、と思います。

banner2.gif

c_02.gif



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。