風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

祈りの日 「広島 原爆の日」 :: 2009/08/06(Thu)

伊香保温泉・カサブランカ 以前、広島在住の
 若いお母さんのブログを訪れたら、
 「今日は祈りの日です」
 という記事があった。

 そうだ。
 今日は8月6日。
 広島原爆忌。
 祈りの日だ。

 ほんの少し前まで、自分の宗旨と
 世間との折り合いについて、私は
何かと逃げ腰だった。

けれど、これからは信仰者として生きていきたい。

今日という祈りの日、私は先のローマ教皇、
URLヨハネ・パウロⅡ世が広島で全世界に向かって呼びかけた「広島平和アピール」
から、人間としての大事な言葉を抜書きさせていただこう。

平和を祈った何人もの尊い人々がいる。
彼らは、その気高さを誰かに称えられたくて祈りの言葉を残したのではない。
ひとりひとりの「私」が、そのメッセージをまことの我が想いとして受けとめて、
同じ祈りに生きることをも願ったのだと思う。

†神さま、日々の小さな事々の中にも、
 「平和のための道具」としての私自身の使命を
 見出すことができますように。

         ・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

       ~教皇ヨハネ・パウロⅡ世 広島『平和アピール』 1981.2.25.~

戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
過去をふり返ることは将来に対する責任を担うことです。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
(広島市の皆さんは)平和記念碑を造ることにより、広島市と日本国民は、
「自分たちは平和な世界を希求し、人間は戦争もできるが、平和を打ち立てることもできるのだ
という信念を力強く表明しました。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
広島を考えることは、平和に対しての責任をとることです。
・・・・・戦争という人間がつくり出す災害の前で、「戦争は不可避なものでも必然でもない」
ということをわれわれはみずからに言い聞かせ、繰り返し考えてゆかねばなりません。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
この国のすべての男女、全世界のすべての人々に次のように申します。
国境や社会階級を超えて、お互いのことを思いやり、将来を考えようではありませんか。
平和達成のために、みずからを啓蒙し、他人を啓発しようではありませんか。
相対立する社会体制のもとで、人間性が犠牲になることがけっしてないようにしようでは
ありませんか。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
神を信じる人々に申します。
われわれの力をはるかに超える神の力によって勇気を持とうではありませんか。
神がわれわれの一致を望まれていることを知って、団結しようではありませんか。
愛を持ち自己を与えることは、かなたの理想ではなく、
永遠の平和、神の平和への道だということに目覚めようではありませんか。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
†最後に、わたしは自然と人間、真理と美の創り主である神に祈ります。
 神よ、わたしの声を聞いてください。それは、個人の間、
 または国家の間でなされた、すべての戦争と暴力の犠牲者たちの声だからです。
            
 神よ、わたしの声を聞いてください。わたしたちがいつも憎しみには愛、
 不正には正義への全き献身、貧困には自分を分かち合い、
 戦争には平和をもってこたえることができるよう、英知と勇気をお与えください。

 おお、神よ、わたしの声を聞いてください。
 そして、この世にあなたの終わりなき平和をお与えください。                



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。