風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

小さいことを、こつこつと。・結論 :: 2009/07/30(Thu)

        夕日

半年以上前に書きかけていた「小さいことを、こつこつと。」 
忙しさにかまけているうちに、小さな気づきがあった。それについて、
ある小さいところで発表したものを紹介して、結論とさせていただきたい。


信者を対象にしたある講演会の折、講演を待つ間、隣り合わせた人と挨拶代わりにお喋りをした。
数年前まで教会では「地底人」として過ごし、活動には殆んど関わって来なかったと告げると、
「あら、働き盛りが勿体ない!」と笑われた。私より年長の方だった。
言われてみて、「私は働き盛りなんだ。」と、気づかされた。
人間関係を築くのが苦手で、健康にも自信がなかった。
第一の関心事は、そんな自分をいかに守るかだった。
それが、この一年余、いきなり地表に引っ張り出される「事態」となり、
少しだが教会のお手伝いをさせて頂くようになった。
すると、居場所がないと信じていた教会が次第に居心地の良い空間になった。
気負う必要はなかった。目の前の事をしているだけで、名前を呼んで挨拶して下さる方が現れた。
困ったら、周りの人が助けてくれた。
勇気を奮って飛び込むと、教会は思ったよりも温かい場所だった。
このことは大事に隠されて、外からは見えにくい「教会の宝物」なのかもしれない。
「つながること」の大切さを学んだ一年だった。
それは頼まれた目の前の事から始めてみるだけでよかったのだ。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif



テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。