風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

路傍の花のような人 :: 2014/08/29(Fri)

                    今年の苦瓜の花
                 路傍にひっそりと咲く花のような方が天に召された。
                 その方を知ったのは20年も前だろうか。
                 その20年間で実際に言葉を交わしたのは10回にも満たないと思う。
                 その方が教会活動に勤しんでいたという印象はない。
                 いつも物静かな微笑みをたたえ、以前は私たちの教会にもあった、
                 土曜日の夕方のミサにご一家で必ず参加していらっしゃった。
                 物静かだが、印象深いご一家であり、その方であった。

                 目立った活動はなさらなかったが、どなたかに何らかの当番を代わって
                 いただかざるを得ないとき、そして、どうしても代わりの人が見つからずに
                 途方にくれたとき、その方に電話をかけてみると、必ず落ち着いたお声で
                 快く代わってくださった。
                 
                 その恩返しをしたいと思っていたのに、一方的にお世話になったままで、
                 その方はこの世を後にされた。

                 きっと、どなたに依頼されても、たとえそれが、誰もが出来れば避けたいと
                 思っている教会内の地区の世話役などでも、淡々と当たり前のこととして
                 引き受けていらっしゃったように思う。

                 この世での務めをすっかり終えられ、直通運転の天国へのエレベーターで
                 その方は、御父のもとに旅立たれたように感じられた。
                「お疲れさま。もう、いいんだよ。」と、その方への御父のねぎらいのお声が
                 聞こえて来そうである。

                 20年間でほんの少ししか言葉を交わしていない方なのに、
                 ご葬儀に参列しないではいられなかった。
                 そして、涙をこらえることができなかった。

                 道行く人に踏まれることもあっただろうに、ひっそりと、しかし、辛抱強く咲き続け、
                 疲れた人の目にとまったとき、ほっと慰めを与えてくださるような方だった。
                                                    感謝と祈りのうちに。


いつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。