風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

私が今よりももっと愚かだったころ :: 2013/06/28(Fri)

祈りの朝  その昔、私が今よりももっと
  愚かだったころのこと。

  私はいつも、神さまに
  恨みがましく不満をぶつけていた。
 「あなたは、ほんの気まぐれに、
  私という
 『この世で最も不要な存在』を
  お造りになった」と。

生まれつきのような生きづらさが、私の内的生活を侵し続けていたのだと思う。

豊かな友情に包まれた兄が羨ましくてならなかった。
私を愛し過ぎた母と祖母の教育的配慮から、私は幼いときから、
友だちを自由に選ばせてもらえなかった。
強烈な孤独感は長い間私を苛み、私は自分が母親の立場になっても
自分を大事に感じたことは1度もなかった。

そんなでありながら、妻となり母親となった私は、強い「置き去られ不安」から、
毎朝、家族を送りだすとき、必ず全員の無事な帰宅を願って祈ったものだった。

「神さま、今日も1日、
 ◎◎さん(夫の名)と、◎◎(娘の名)と、◎◎(息子の名)をお守りください。
 家族に何かがあるときには、私を身代わりにしてください」と。

そして、次の瞬間、ひるがえって思った。
「『神が気まぐれで作られた、この世で最も必要のない存在』だと訴える私が
 身代わりになることを、神さまはお喜びになるのだろうか」と。

今の私は思う。
「愚かなまでに私たちを慈しんでくださる神さまだから、
 きっと私のような者が身代わりになったとしても受け入れてくださったことだろう、
 いや、それどころか、神さまは、こんな私が身代わりにならなくてもよいように、
 家族を今日まで守り抜いてくださっている」と。 

ヨハネによる福音書の 15章には、
「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」
と書かれている。

「友のために捨てる自分の命」とは、
その命が神さまからの贈り物である事実を受け入れ、
それゆえ、すべてをかけて大事にしているからこそ、
友のために差し出すときに大きな愛になるのだと思う。

しかし、神さまは、神さまに背を向け、すねて愚かな不満を口にした
わがままな私さえも赦し抜いて、こんなにも大事にしてくださるのだ。

ある日、そのことをはっきりと自覚したとき、
私は強すぎる愛情を私に注ぎ尽くした大人たちとも霊的に和解できたのだ。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 感謝

誰よりも孤独な方 :: 2013/06/26(Wed)

                   薔薇
                   若い人と話した。
                   与えられてきた試練に、
                   神のメッセージを感じて、
                   じっと受けとめる力のある人だ。

                   その人の話を聴いて、
                   神が、
                   こんなにも私たちを大事に思っていらっしゃるのを、
                   どうしてもお伝えになりたくて
                   仕方のない方であることを思った。

                   そういう意味では、
                   誰よりも孤独を味わい、
                   寂しくていらっしゃるのは、
                   神であると
                   改めて感じた。

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

目立たないことをこつこつと :: 2013/06/18(Tue)

買い物帰りの紫陽花 2010 お住まいが
 教会のご近所であることも
 大きいのかもしれないが、
 毎日のように教会を訪れ、
 自ら育てている花々、
 これからの季節は
 グリーンカーテンの管理に
 時間を惜しまない方がいる。
 這う虫が苦手な私ゆえ、
 何のお手伝いもできないので、
 そのお姿に、ただただ頭を下げるだけである。

 非常に優秀な方で、現役で働いておられた当時は
社会的に極めて立派な働きをなさって来られた。
また、東日本大震災被災地支援のためにも、この教会で大きな貢献をなさった方でもある。
その方が今、その重責からも解き放たれて、毎日、教会を訪れては、
わが子を慈しむ目で、丹精して育てた植物を眺めておられる。

その方は月に2回の教会の信徒館の清掃も欠かさず、
2、3人の参加者しかいない「平日の清掃班」の中心でもある。

その清掃班に「月に1度しかできないのですが」と、
今年の復活徹夜祭に洗礼を受けた方が参加を申込んで下さった。

家が教会から遠いことを「免罪符」にして、
心だけ痛めていた私には痛恨の一撃だった。
月に1度しか出来ないが、これからは私も参加していこうと思う。
…という、申し出メールを送信する際、往生際の悪さから、
ついつい「約束が果たせますように!」という文で、
メールを締めくくってしまった。

教会共同体の中で、自分の居場所が見つからずに苦しむ人は多い。
私もかつてはそうだった。
居場所を確保するために、何か人から称賛されることをして、
一目置かれる人物になろうと考えていたこともある。
けれど、イエスさまが求めていらっしゃるのは、そういうことではなかった。

目立たないことを、誰も気づかないことを、ただただ、こつこつと…。
神さまの御目に触れ、そのみ心を揺り動かすのは、こんなことなのだと思う。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い

「驚くべき恵み」を思う・2 :: 2013/06/04(Tue)

ビヨウヤナギ
  
  主は、
  何もないところから
  お造りになる方。

  憎しみに満ちた所でさえ
  あなたへの憧れと
  揺るがないまごころが
  生まれた。




 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

  1. 祈り

「驚くべき恵み」を思う :: 2013/06/02(Sun)

           千日小坊

             不思議なこと、
             驚かずにはいられないこと。

            「今日まで、
             よく生きて来てくれたね」

             口にはしないけれど
             心の中で、     
             思わずそう
             つぶやいてしまう人生がある。

             運命のように
             過酷な試練の中で、
             神さまを全く知らない環境の中で、
             そこにおられる
             神さまを見出す人がいる。

             神さまに選ばれて、
             すくいあげられた人。

             そして、
             神さまに選ばれて、
             世界を美しくするために
             いのちを与えられた人。
           
             神さまのお声は、
             ひそやかで、
             あまりにもひそやかで、
             その人自身が気づかないまま。
             気づかないまま、
             その気高い道を
             懸命に、
             あまりに ひたすらに
             歩みつづける人。

             神さまに選ばれるということ。

             主よ、あなたに感謝します。

 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。