風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

わが主、わが神よ :: 2013/05/10(Fri)

  西洋美術館

     数日前、別の友だちに言われました。
    「やなぎはっかさん、ずいぶん変わられたわね。
     聖霊に導かれている感じね」と。
     この友だちがいなかったら、私は今でも小さなことに傷つき、
     落胆し、自暴自棄を繰り返したことでしょう。
     その友だちが、そう言ってくれたのです。

     他人の目には取るに足りない失敗を、
     取り返しのつかないことと感じてしまう…。
     そういう種類の人がいます。
     自分を振り返りますと、
     私は子どものときからそういう類の一人でした。
 
     しかし、神さまはまことに面白い方で、
    「私にしてみたら一大事!
     たった今、ここで死んでお詫びをしなくてはならない!」と、
     大真面目に悩んで寝込んでしまった…!
     そんな失敗によって、
     私に「巨人の足取り(幼いイエスの聖テレーズの言葉)」
     で歩むことを促したのでした。

     それは、教会で行なわれた、誰にとっても生涯に1度の
     大事な場面でのことでした。
     後で聞いた話では、それが失敗だと気づいた人は居なかったそうです。
     その「失敗」を、私が一人、(傍から見れば)大袈裟に受けとめ、
     死ぬの生きるのと思い悩んだわけです。

    「自分なんか、やっぱり駄目だ」と
    涙を流しながら、やがて私は気づきました。
    あのとき、「いいところを見せようと思っていた」自分に。
    こうして大騒ぎをすれば、誰かが私への同情のうちに、
    私に非がないことを保証してくれることを期待していたことに。

    それは一つの大事な典礼の中でのことでしたが、
    当時の主任司祭が私を諭しました。
   「あなたなんかの失敗一つで、どうにかなってしまうほど、
    典礼は安っぽいものではありません。
    『私のために』と責任を感じるのは、あなたの傲慢ですよ。」と。
    それは私が自分の完全主義、完璧志向に思い当たった瞬間でもありました。

    どうしてなのでしょう。
    そのときから、あれほど傷つきやすかった私が、
    自分の内側から湧いてくる確かな力を感じ、励まされ、
    気がつけば、くよくよすることを忘れていたのです。

    そして、「生きていく価値がない」と思っていた自分のことを、
    いつの間にか赦し、好きになっていたのでした。
    そうしたら、あれほど人間嫌いだった私に、
    友だちが次々と与えられました。

    神さま、教会の群れを嫌っていた私に、
    あなたは何人もの友をくださり、友を通して、
    あなたの慈しみを示してくださいました。
    
    わが主、わが神よ。

 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 感謝

罪の記憶…未熟な親として :: 2013/05/04(Sat)

130429_153708.jpg ある
 テレビ番組を
 見ていたとき、
 私が我が子に
 犯した過ちの
 記憶へと
 一気に
 引き戻された。
 
 心が未熟な
 ままに
 結婚して、
 親になった
 私が、
 内面に
 住まっていた
 「幼い私」に
 
に振り回され、様々な人間関係を、柔軟な気持ちで受けとめることが
出来なかったあの頃。
あの頃、与えられていた試練は、甘やかされて成長した若い私には確かに
辛かったけれど、それにしても、あまりにも寂しく不安な思いを
子どもたちにさせた日があった。
あの日に負った心の傷が、子どもたちの心身に疼くことがあるのだろうか。

未熟な私が親であったことについて、そのために子どもたちに対して犯して
きた、取り返しのつかない私の罪について、子どもたちが赦してくれている
のを、私は確かに知っている。

しかし、まだまだ赦されなくてはならないことがあるのを、こうして
ときどき思い知らされる。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

道を歩む :: 2013/05/04(Sat)

     西洋美術館

    「もし慰めだけを望むなら、それは表面的な慰めになるでしょう。主の慰めではなく、
     人間の慰めです。教会の旅は、いつでも十字架と復活のあいだを進みます。
     迫害と、主の慰めのあいだを進むのです。そしてこの道こそ、歩む人が決して
     迷うことのない道です。」(教皇フランシスコ)


     何年も前、私を案じてくれる友に「あなたが私の苦しみ方に意見をしたがるのは、
     あなたのこれまでの人生が順調で幸せだったからでしょう。」と、
     投げやりな言葉を放ったことがあった。
     心優しいその友は、それでも私に寄り添うことをやめなかった。

     今、この年齢になって、想像を絶する過酷な試練を背負った人が友人として
     与えられた。私はその人以上の苦悩を聴いたことがない。かつての私が友に放った
     言葉が恥ずかしい。
     なかったことにはできない深い心の傷をいくつも重ねながら、その人は正直に、
     まっすぐに、懸命に生きているのだが、神さまはその人に、
     新たな険しい道を指し示された。
     もしも、この人が私の家族だったら、神に先回りをして、後さきも善し悪しも
     考えずに様々なお節介をするのだろうか。
     しかし、友人としての境界を越えてはならないし、私は時折連絡してくる
     その人の、「話だけ聴いて欲しい」という求めに応じること、
     忘れないでその人のために祈ることしかできない。
     教皇フランシスコは「(迫害と、主の慰めのあいだを進む)この道こそ、
     歩む人が決して迷うことのない道です。」と言い切っておられる。
     その人が苦悩のうちにも、神が照らし、示してくださる道を見失ないませんように。
     私も、かつて友がしてくれた10分の1でも、その人の心に寄り添えますように。     

     同時に、教皇の言葉は、すべての人に向けて発せられている。この私にも。
     昨年からの1年間は、あまりにも温かい人々に恵まれ、支えられた私であった。
     これからの1年間の道が仮に平坦ではなかったとしても、
    「迫害と、主の慰めのあいだを進むこの道」を受け入れられる私へと、
     神によって成長させていただけますように。

     (神よ)わたしの叫びに答え、/悩みの中にも いこいを与え、/
     わたしを あわれみ、心に留めてください。
     神は わたしを選び、ご自分のものとされた。/
     神は、わたしの叫びに耳を傾けてくださる。
                                     (詩編4)


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

連休の谷間のラファエロ展 :: 2013/05/03(Fri)

      ラファエロb

      5月2日。いつまでも寒い。朝は雨も降っていた。
      連休の谷間をねらって、上野の西洋美術館で開かれている
     「ラファエロ展」に行ってみた。

      ねらいが良かったのか、近くの東京都美術館で
     「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」が始まったばかりだからなのか、
      混雑というほどではなかったので、すべての絵を最前列で
      ゆっくりと見ることができた。

      目玉の「大公の聖母」は気品に満ちて美しい作品だった。
      また、これまで、どんなに大きな作品かと思っていた
     「エゼキエルの幻視」があんなに小さなサイズに
      収められた作品だったとは。 
      2時間ほど館内を歩いて、ラファエロという画家は、
      誠実でよく努力する人だったのだろうな、と感じた。
      いずれにしても神に特別に選ばれた人だったわけだけれど。

      美術館を出ると、五月晴れの空。
      実は結婚記念日。
      昨日から喧嘩していた夫から、
     「これから、ランチでもいかがですか?」のメールが届いた。
      
      
 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。