風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

聖母マリア :: 2011/08/29(Mon)

聖母子像・2 母子の心の絆が
 極めて強かった父に
 嫁いだ母は、愛情が
 強すぎる人だったので、
 結婚してから死ぬまでの
 50年余りは寂しさを
 味わい尽くす毎日だった。
 私はずいぶんと大人に
 なってから、育った家庭の
「感情のもつれの蓄積」が

自分に重くのしかかっていたことを自覚して大きな衝撃を受けた。

そのためだろう、自分から求めて「カトリックといえばマリアさま」みたいな
世界に飛び込んだのに、聖母マリアはイエスのおかあさまではあるけれど、
決して私にとっての「母なるもの」ではありえなくて、
長い間、受け留め方が分からずに戸惑っていた。

そのことを司祭にお話ししたら、いつも「できごと」をじっと受け留め、
胸に納め、思いをめぐらす聖母の生涯を語ってくださった。

そのときから、私は聖母マリアに信仰の模範としての
親しみを覚えるようになった。

十字架なしの信仰はありえない。生きていくことはたいへんなことだ。

天使ガブリエルの突然の訪問は、
おとめマリアに非常に大きな出来事であったが、私にとって特に印象深い
のはルカ福音書の次の箇所である。

「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を
倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、
また、反対を受けるしるしとして定められています。
あなた自身も剣で心を刺し貫かれます
多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」(ルカ2:34,35)


律法に従って幼子イエスを神殿に献げたとき、
老人シメオンは聖家族を祝福するとともに、聖母マリアにこう言った。

ここでもマリアは大騒ぎせずに、思いをめぐらして、
できごとのうちに神の語りかけに耳を傾けようとしたのだろう。

「みこころが行われますように」

という祈りほど、美しい祈りはないとどこかで読んだことがあった。
聖母マリアの生涯はこの祈りで貫かれていた。
言葉でいうほど簡単ではない。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

茨城の幸水 :: 2011/08/28(Sun)

茨城の幸水 ふるさとの茨城に
 住む2人のおばから、
 それぞれに
 名産の梨「幸水」が
 送られてきた。
 
 幸水は水分と甘味が
 豊かで、実に美味しい。
 ぐずぐずしていると
 幸水の季節は
 すぐに終わってしまう。

 東日本大震災の被災地
 でもある茨城県は
 福島県と隣接していて
 同様に
 この度の原発事故による
 風評被害に苦しんでいる。

送ってくれた片方のおばの荷には、
「検査について、生産者には確認済みだけれど、
 気になるなら遠慮なく処分してください」
との手紙が入っていた。 

心優しいおばの、あまりにも遠慮がちな気遣いに、胸がつまった。

おば上、そんな心配はしないでください。
私たちは喜んでいただきますからね。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 感謝

気づき :: 2011/08/27(Sat)

        マリーゴールド 2

             他者(ひと)を赦す力が
             備わっている人がいる
             天賦の才だと思ってきた
                          
             知らなかった

             その人が耐えた試練の歴史を




 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 日々のポエム

リフレッシュ :: 2011/08/27(Sat)

エポペ やなぎはっかは
 専業主婦である。
 しかも、かなり
 しがない方である。

 だから、とてもとても
 「常連さん」には
 なれないのだけれど、
 リフレッシュしたいときに
 行きたい
 「もう一つの居場所」
 のような所を
 昨年見つけた。


エポペである。

昨年、30年来の夢がかなって初めて訪れたのだが、
そのとき「ここは大事な場所になりそうだ」と感じた。
それで、行くときには、気が置けない友だちと行くことにしている。

バーテンダー姿のエポペの社長さんは
「歌舞伎町といっても、ここは新宿区役所のそばの安全な場所ですよ」と仰るが、
オバちゃんになって久しいとはいえ、
田舎者のやなぎはっかには日本一の歓楽街の夜道を1人で歩く勇気はない。
今回も、そんなやなぎはっかの憶病を赦してくれた友人たちと一緒に行った。

昨夜は歳を経るごとに「大人のお利口さん」になってしまったやなぎはっかが
ふっと35年も前の学生時代に引き戻されるような「論戦」があった。

教会での新しい奉仕のために、やなぎはっかは目下準備中なのだが、
いよいよ奉仕が始まったときの心構えに思いを馳せるような場面だった。

また、議論を挑む若いお客さんに、
明るく、丁寧に、しかも毅然と応じる
社長さんや他のお客さんたちの在り方に、
信仰者としての自分に足りないものを感じ取った場面でもあった。

やなぎはっかの生き方には塩味が足りない。

新宿駅からどきどきびくびくしながら歩いて辿りつく、
温かく居心地の良い場所。

少し元気が出てきたかな。                    (8月26日記)

追伸:エポペのホームページでは、今年3月に亡くなられた
エポペの創設者ネラン神父さまのご葬儀のときの動画を見ることができる。
ご葬儀が終わって、神父さまの柩が聖堂から運ばれるとき、
参列者は拍手で神父さまを見送った。
異国に長く暮されて、ご苦労も多くていらっしゃっただろうが、
幸せなご生涯であったのだと思った。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い

後悔 :: 2011/08/23(Tue)

天上からの光 今日。
 悲しみと後悔を思い出す日。
 父から最後の電話があった日。

 あのとき、
 携帯電話の設定ミスのために、
 私は、父からの電話に気づかなかった。

 ああ、父がこの世での
 いちばんの孤立感に

のたうち回っていた頃。

生まれてからそれまでの間の、子どもとしての言い分はあったけれど、
私は父に対して大きな罪を犯したと感じている。

あのとき、私の思い煩いだった、
1年任期のはずが2年に延びた
教会の押し付けられ仕事が一段落したら、
ふるさとに、
寂しさに歪んだ父の、その顔を見に行ったなら、
取り返しがつくと思っていた。

同居している兄夫婦との関係を
うまく保てない父を、私は愚かだと思っていた。

それなのに、
私が愚かだと思っていた父は、大馬鹿娘のこの私に
私名義のものなどを遺していてくれたのだ。

死はあまりにも簡単に
あまりにも平然と
何もかもを奪い去る。

年老いた病人は、私のそれまでの長年の忍耐を粉微塵にして、
あくまでも支配的だった両親への、私の恨み辛みを粉微塵にして、
あっと言う間に逝ってしまった。

そうだ。
私は、今、生きて煉獄を味わっている。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

同じ頂 :: 2011/08/20(Sat)

晴れと雨の境目 1 カトリック教徒しかいない
 家庭にあって、
 信者ではない人との
 付きあいを真面目に
 考えていたある日、
 ふっと思い当たった。

 私たちは仕方なく
 解釈するわけだけれど…。

「私たちは
 様々な『登山口』から、
 例えば私は『カトリック口』から

○○さんは『禅宗口』から、同じひとつの頂を目指して人生を歩いている。」と。

生まれた国、環境、文化の中で、それぞれがつかみ取る「ほんもの」に対する確信。
人を生き生きと生かすものである限り、それぞれのいのちを輝かす限りだが、
お互いの教えを尊いと感じた。


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い

長崎原爆忌の日に :: 2011/08/09(Tue)

長崎平和祈念式典での田上長崎市長の平和宣言を聞いて、
若い日の自分の弱さを思った。

チェルノブイリ原発事故のあとも、子育て中の母親たちは
放射能の脅威に怯え、あるいは怒って、脱原発運動が広がった。
「まだ、まにあうのなら~私の書いたいちばん長い手紙」
 甘蔗珠恵子著 / 地湧社
(今も増刷を重ねて販売されているようだ)
というブックレットが出版されて、何冊も買い求めて友人知人に配る人もいた。
私もこのブックレットを贈られ、小さかった子どもたちの将来を案じたひとりだった。
世の中は、こういう母親たちの想いに対して冷ややかだった。

やがて、私もこの国の経済発展の一端を担う企業からの給料で
食べさせてもらっている扶養家族である自分に「どの顔をして」という矛盾を感じて、
また、「風変わりな母親」として子どもたちに迷惑をかけることを懸念して、
当時の脱原発への願いに背を向け、忘れてきた。
そして、豊かなエネルギーがもたらす、不要な便利さを享受してきたのだ。

そして…。

名もない小さな主婦が、四半世紀の間「脱原発」を叫び続けたとて、
家族にさえ迷惑な「狂ったオバサン」のたわごとと、笑われるだけだったのだろうけれど。

今日、福島県に住む親戚から、名産の桃「あかつき」が届いた。
福島産桃 あかつき 福島の産物は
 何もかもが美味しい。
 桃には、風評被害と闘う
 福島市長と生産者からの
 メッセージが添えられていた。
 試しに食したもぎたての
 桃は、さすがにまだ若くて
 固かったが、みずみずしく、
 上品な甘みがあった。
 これから熟すのを待って

大事に楽しもうと思う。

耳と口を閉ざしてきた四半世紀を償うことはできないが、
私にできるのは、このような小さなことしかない。



 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い

五行詩 3編 「語る」 :: 2011/08/07(Sun)

                平和公園

                      
                         緘黙の
                         罪の意識に苦悩して、
                         いま姿を顕にする語り部たち。
                         耳から沁みいる
                         その尊い痛み。 
                     
                     

                         語る意志。
                         語る気持ち。
                        「わたし」が語る。
                         いや、語ろうと促されている。
                         間違えてはいけない。



                         言葉にするということ。
                         それは、
                         その人の奥深くに住まう
                         気高い存在の問いに
                         応えるということ。




                 平和記念聖堂 2 
                 広島市・平和記念聖堂

                       「過去をふり返ることはことは
                        将来に対する責任を担うことです」

                             ~ヨハネ・パウロ2世~



 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り

祈りの日 8月6日 :: 2011/08/06(Sat)

原爆ドーム 昨年の秋、やっと
 広島市を訪れる
 ことが出来た。
 広島市を走る
 路面電車の中で、
 親切に私に席を
 譲ってくれて
(あくまでも私が
 女性だから。
 念のため。)、
 明るい笑い声を
 立てていた
 外国人の一団。

電車を降りて原爆ドームを間近に見たとき、彼らを沈黙が覆った。
人間をそうさせずにはいられないものがそこにあった。

爆心地の空




原爆ドーム近くの
爆心地を訪れると、
見上げた空が何と
青かったことか。





爆心地の祈り 2









 記念碑の上には折り鶴が風に揺れていた。



              原爆の炎に焼けただれたこの町が甦って久しい。
              広島は美しい町だ。
              原爆投下という恐ろしい行為をしてしまう人間の悪と
              憎しみよりも祈りの心を育て、そこからの復興を遂げた
              人間の尊さを感じたあの日を忘れることはないと思う。 

              パパ様 sono2
              「戦争は人間の仕業です。」-ヨハネ・パウロ2世-


 カリタスジャパン

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 祈り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。