風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

つい、懐かしくなりまして。 :: 2009/09/27(Sun)

つい、懐かしくて。
 忙しい毎日を送っております。
 今日は、父の四十九日法要を
 兼ねた三十五日法要でした。

 教会のあれこれも
 いよいよで、
 ついでに腱鞘炎の
 注射デビューまで。 

 そんな日に、大急ぎの
 買い物の途中、
新しくできたお店が目にとまり、ちょっと覘いてみました。
URL京都・くろちく」というお店でした。

デザイン性に富んだ手ぬぐいやら、風呂敷やら、バッグやら・・・。
このお店は、ちょっとしたときに役に立ちそうだな、と思いました。
お遣い物用に風呂敷を2枚購入したのですが、
のようなストラップを見つけて、懐かしさに思わず「これも。」と買ってしまいました。

抱き人形のミニチュア。手縫いですよ。
亡くなった母を思い出しました。

やなぎはっかの子ども時代、女の子はこんなお人形さんを抱いて遊んだのです。
もちろん、同じ時代に塩化ビニルの人形もあったはずのですが、
懐かしくてならないのはこの人形なのです。

この人形の芯は藁だったように思います。
基本的に布製で、そうそう、必ずこうしてボンネットをかぶっていました。
おなかに仕掛けがあって、たたくと「キャンキャン」と音がしました。
人形を寝かして起こすの動作をするたびに「みゃー」と、泣きました。

この人形は壊れやすかったのでしょうか。
買い物から帰った母が、ときどき黙って差し出してくれた・・。
何だか、買い物のたびに買ってきてくれたような気がしてしまうほど、
やなぎはっかが幼かったときの母の思い出と結びついています。

その後、やなぎはっかは結局、様々な工夫がこらされた
塩ビ製の人形に夢中になるのですが、
第2次世界大戦後、わずか10年しか経たない日に生まれたやなぎはっかの
懐かしい人形は、どこを探しても見当たらなくなりました。

明日は教会で当番が・・ひゃっ!もう眠らなくちゃびっくりマークびっくり

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

ふらっと行って来ました。~川越市・蔵造りの町並み・プチ写真集~ :: 2009/09/22(Tue)

                   URL蔵造りの町並み
      
       蔵造り通り

          川越・蔵つくり通り 1


                       URL時の鐘
          時の鐘


                    URL菓子屋横丁
                菓子屋横丁 鯉


                 ↓「七色唐辛子」
                 辛さのランクを指定すると、 それに応じて
                  7つの香辛料で調合してくれます。ピリ辛を
                  リクエストしました。口上?にも味がありました。
               川越・七色唐辛子・口上

                 ↓昔懐かしい、駄菓子、玩具がありました。
                   いずこも同じ、駄菓子屋さんで夢中になって
                   品定めをするのは、「むかし子ども」たちです。              
              菓子屋横丁 駄菓子屋

    
           
              ↓URL 「陶舗・やまわ」・・・NHK朝ドラ「つばさ」で、つばさの家、
                                    甘玉堂の外観は、このお店だそうです 
               蔵造り通り 夕暮れ やまわ


                     おみやげ   
                  川越みやげ   2

                   ↓もっと、品良く、そそっと盛り付けたかったのですが、
                     待ってくれない家族でして・・・。汗;; 
                  川越みやげ   3
                    以上、URL「亀屋」・・・お目当てのお菓子は、
                               ことごとく完売でした。がっくり 

                    ↓他に、あの菓子屋横丁でリクエストした唐辛子、
                      駄菓子屋さんで買ったお菓子です。
                   川越みやげ  1


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

ふらっと行って来ました。~川越市・蔵造りの町並み~ :: 2009/09/22(Tue)

蔵造り通り 夕暮れ
NHKの朝の連続テレビ小説
「つばさ」が今週で終わり
ますね。

ふと、思い立って舞台に
なっている川越市を、娘と
訪ねてみました。

東京メトロ副都心線が
渋谷から乗れるようになりましたので、
東急東横線沿線を「シマ」えへとしているやなぎはっかには、
埼玉県へのアクセスが気軽になりました。アップロードファイル

とはいえ、思い立ったのがお昼ごろ。渋谷駅から川越市駅まで60分。
川越市駅に着いたのは3時を過ぎていました。
ゆとりがあったら、ステンドグラスが美しいという、カトリック川越教会に立ち寄ってから
観光スポットに行きたかったのですが、川越市駅周辺に道しるべになるものが見つからず、
コンビニの店員さんに伺ったあとも、なお、もたつきましたので、
川越教会は、所属教会で担当している行事が終わったら、
ミサを与るためにゆっくり伺ってみようと思いました。

以前から小江戸として知られる川越ですが、「つばさ」の放送以降、観光客の数が
さらに増えたのでしょうか。この通りは、とても賑わっていました。
やなぎはっかは初めて訪れたのですが、ここも鎌倉市と同じように、観光スポットと
住宅街が隣接していますので、休日は地元の方々の生活に不便を強いて、
私たち観光客は町並みを楽しませていただいているのだと感じました。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

「あなたを知っている」 :: 2009/09/21(Mon)

「神は人間の罪を許して下さっても、罪という事実、
そのために誰かが傷ついた事実は消えない」ということを度々思う。

ところが、ふと、「確かに、あなたが犯した罪が消えることはないだろう。
しかし、罪を負うあなたの苦しみを、私は知っている。
あなたの苦しみを知っているから、あなたと同じ重さを私も一緒に負っている。」
と、神が仰っている気がした。
「ゆるし」とは、こういうことなのかもしれないと思った。

洗礼を受けたのは大学生のとき、都内のカトリック教会で。

遡って、初めてキリスト教の教会に足を踏み入れたのは、高校時代。
聖公会の教会。そこで洗礼を受けたいという友人に誘われて。
「思春期」から「青年期」にかけての、いやんなっちゃう位に未熟だった当時の私は、
そこに集う人々の人間的な部分に惑わされ、彼らを好意的に受けとめられなかった。
日曜日ごとに礼拝に与るような人々に対して、
はた迷惑な理想を抱き過ぎていたのだと思う。
しかし、神というものがいて、私以上に私のことを知っていると、
そこで教えられたことが、印象的だった。

自らの意思でカトリック教会に通うようになって、
誰かから神について問われると、「私以上に私を知っていて下さる方、
というイメージを描いている」と答えた。

すると、ほぼ100パーセントが、「え~!そんなの怖い~~~!」
と反応した。

「…ちょっと、違うんだけどなぁ。」
しかし、うまく表現できないので、「説明」をあきらめてきた。
まあ、それぞれが体験的に「悟る」ことなのだし。

「罪を負う人の苦しみを、私は知っている。
あなたの苦しみを知っているから、あなたと同じ重さを私も一緒に負っている。」
今、「ゆるし」という言葉に、そんな意味もあるのかもしれないと思って、
「私以上に私を知っていてくださる御方(おんかた)」という
神についての私のイメージを、次のように譬えてみた。

「イエスは善き主治医。主治医が私のことを何もかも分かっていて
くれていたなら、何だかホッとするでしょう?」

その信頼ゆえか、神はときとして、私を厳しく教育するのだけれど。

URLキッペス神父様は、「イエスは友だち」とも仰っている。

難しい神学は分からない。聖書にしろ、普通の本にしろ、
自分の個人的な体験を通してしか関われないので、
私の「話し方」はあまりに主観的で、申し訳なく感じている。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 今日の想い

ぬか漬け・1日目・・・何だかね・・。(ーー;) :: 2009/09/19(Sat)

        ぬか漬け ?年ぶりのトライ

                         ?

あのね、笑わないでほしいのね。汗

どうも、こういう市販の熟成済みのぬか床でも、捨て漬けって必要みたいなのね。kao

1日目の今日・・・時間をかけ過ぎた感はあるものの・・・いくらなんでも、野菜の表面に
塩を塗りこんだかのようにしょっぱい絵文字名を入力してくださいかお

乳酸菌で熟成したというぬか味噌自体は、芳醇な良い香りがするのですが、ね。

「ぬか漬けQ&A」みたいなサイトを探しました。
2、3のサイトを読ませていただいただけでも、参考になってありがたかったです。ありがとう
やなぎはっか、「ぬか漬け修行」を始めなければ気がすみません汗


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

沈黙 :: 2009/09/19(Sat)

             遥かな・・・。


                          「沈黙」

                     空も、
                     星々も。
                     海も。

                     野原一面の草花たちも。

                     何ひとつ言わずに。

                     それは、
                     過去から未来へと
                     進みゆく時間までも。

                     小さなひとりひとりの
                     心のうねり。                         
                     人間全体の
                     大きな出来事さえも。
                     その理由さえも。
   加計呂麻島

                     沈黙のうちに
                     ただのみ込んで。

                       この静けさが胸を打つのは、
                     すべてが
                     あの御方(おんかた)が
                     その御心に納めた
                     悲しみゆえか。



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 日々のポエム

ぬか漬けなんか、始めちゃいました♪ :: 2009/09/18(Fri)

やなぎはっか一家は、漬物が好きです。

けれどね、何事にも面倒見が悪いやなぎはっかは、
結婚して27年目の今にいたるまで、
ぬか床作りがうまくいったことがないのです。(>0<)汗

それで、最近はすっかり「エ○゛ラの浅漬けの素」みたいなもののお世話になっていました。

でも、どうしても自家製のぬか漬けを食べた~い!

それで、URLこんなのを試してみることにしました。

毎週、我が家に食材を運んでくるパルシステムのカタログでみつけたのですけれどね。

実は、やなぎはっかは、こういうパックをそのままぬか床に使う商品、
好きではなくて、今まで敬遠してきました。

でも、ぜ~~~ったいにびっくりマーク家で漬けたぬか漬けが食べたいびっくりマーク☆

ですから、これまでのやなぎはっかの敗北感汗;が詰まっているはずの漬物容器に、
届いたぬかを移し替えて、きゅうりきゅうり?とかぶを漬けてみました。

今日のところはoowarai「代々続いたその家のぬか床」とは言えませんが、
今日のぬか床がそういう宝物星の基になりますように!jumee☆faceA78


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

「人がこんなに哀しいのに・・」(「沈黙の碑」より) :: 2009/09/18(Fri)

URLぼんくらオヤジさんのブログで、
故・遠藤周作の言葉が刻まれたURL沈黙の碑のことを知りました。
何度かお話したことがあったかと思うのですが、何故か私は、
若いときから遠藤周作が苦手でした。
けれど、URL平田栄一さんのご本で、遠藤周作の友人・井上洋治神父様の教えに
触れるようになったりしてから、若い日とは違う視点で読むことができるような気がしてきました。

さて、その「沈黙の碑」ですが、昭和62年に長崎市の
外海地区出津文化村内に建立されたそうです。
ああ、この地のURL「ド・ロさまそうめん」、おいしいですね。

     

                        「人間が
                        こんなに
                        哀しいのに、
                        主よ
                        海があまりに
                        碧いのです。」



碑には、そう刻まれているそうです。

そう、関係が順調な父と娘であったなら、父親が高齢で弱っていても、
そして、別れが後悔を伴うものであっても、
これほど囚われることはなかったような気がします。
あまりに難しい父親であり、娘であり、激しい確執から逃れ得ない私たちだったから、
なおさら苦しいのでしょう。

仕事人間だった父は、老いて母に逝かれて、
初めて「父親としての寂しさ」を自覚し、その感情を吐露するようになりました。
その表現の仕方は、あまりにも下手くそでしたが、
そのことがかえって冷徹な娘にさえ憐れを抱かせました。
けれど、今度は娘の方が、時間にゆとりのない日を送っていました。
気を強くして、その気になれば誰かに代わってもらえるようなことで。

それでも、今日の空も青。
確かに南方の海は、今日も浸るものを染めるような碧さなのでしょう。
昨日、今日、明日と、地球の時間は何もかもを呑み込んで、
小さいものの身の上に起こった出来事になど
気もとめずに過ぎ去っていきます。

兄嫁から電話がありました。声が軽やかでした。
・・・そうですね、おねえさん、あなたがいちばん大変だったのですよね。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

友人たちへの手紙 :: 2009/09/16(Wed)

            父が好きだった温泉施設


✝主の平安。

この度は亡き父のためのごミサをありがとうございました。
父は神を知りませんでしたが、
きっと、皆さまのおかげで、安らかな思いのうちに
御父のもとに発つことができたのではないでしょうか。

今年度の私自身の環境が落ち着いたら、母の時と同じように、
看病という理由を借りた時間を2人で過ごせるのではないか
・・・父の様子から、そう期待しておりました。
そういう意味で突然だった父の死は、孤独を強いた私に、
もはや取り返しのつかない事実を突きつけました。
私にはまだ、このことを通して、神が何を語られているのかを悟ることはできません。

でも、皆さまが神父様にごミサをお願いして下さったことを伺って、
私は、自分が、自らの誤りに囚われていて、
父の平安をないがしろにしていたことに気づかせて戴きました。
父に対する罪の意識に悩むことは、
父のことより自分を思いすぎていることなのではないか・・、
そのことに気づかせて戴きました。ありがとうございます。

父についての後悔の念を、よき経験だ、成長の糧だ、などと
解釈したくありませんので、私はいま暫く悲しむでしょう。

そういう思いと折り合いをつけながら、
今後のことを考えつつ、1歩1歩進みたいと存じます。
皆さま、心からありがとうございます。
亡き父と同じように、私も嬉しかったです。
                       お祈りと感謝のうちに。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

きょうは・・・・・。 :: 2009/09/15(Tue)

実は今日、URL顔文字♪に行きます。

娘からのプレゼントです。
このチケットを手配したとき、誰も今日のようなことを予測していませんでした。

私の楽しみにしていた心もすっかり萎えて、よほど中止にしようかと思っていました。

でも、行ってきます。
娘がプレゼントしてくれたのですから。



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 日々のこと

今日の福音・「マルコ8章34節」から :: 2009/09/13(Sun)

               天上からの光


わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。                               
                                              ~マルコ8章34節~

聖句をクリックすると、
  オリエンス宗教研究所「聖書と典礼」2009年9月13日表紙にリンクします。



                   今までは、
                   自分の身の上の
                   望まなかった出来事を、
                   望まなかった状況を、
                   私は「十字架」と呼んできた。

                   思い知った。
                   「十字架」と呼ぶものには、
                   罪、そして、罪の意識もあるのだ。

                   私はこれから
                   そのすべてを、
                   週ごとの主の食卓に
                   差し出すのだ。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

出エジプト記32章から :: 2009/09/10(Thu)

「今、もしもあなたが彼らの罪をお赦しくださるのであれば・・・。
もしも、それがかなわなければ、どうかこのわたしを
あなたが書き記された書の中から消し去ってください。」
                        (出エジプト記32.32)


                        ・・・・・・------★                     

ふと、考えました。
「かたくなな民イスラエルには、罪の自覚がないままに過ちを重ねた人もいれば、
むしろ罪に苦しみ、罪に囚われ、許されることを拒むほどの
暗黒に陥っていた人もいたに違いない」と。

「熱情」と自らを名乗った神は、その御心がなかなか届かない悲しみゆえに、
罪悪感に囚われる人にも、苛立ちや怒りを顕にされるのでしょうか。

今、私は自分を許すことができません。
神にも人にも心を開くことができません。

「10月中旬を過ぎたら、心身ともにゆとりができるから。」
と、我慢を強いてきた父の死は、周囲の者の想いを裏切るかのような、
突然の死でした。

仕事人間の父が生涯で初めて寂しさを訴えるようになったのは、最近のことでした。
もう少しで、それに応え、娘としての罪滅ぼしができると思っていたのに、
父はそれを許さないかのように、突然、逝ってしまいました。
たとえ、父が「そんなことはないよ。」と、私を許してくれたとしても、
私は自分が許せません。

そんな私を教会の皆さんが思ってくださり、祈って、
神さまに執り成して下さっている・・・。
そのことだけは受けとめています。

かたくななイスラエルのために、神にお願いするモーセ。
神様の慈しみに対して、かたくなになっている私には
特別な場面になりそうです。

†神さま、寂しかった父を慈しんでください。
 あなたを知らなかった父を、今、まことの憩いに招いてください。

 私は今日も、誰かにあたたかく語りかけられることにも、
 罪の意識を覚えてしまいます。
 神さまが私を許して下さっても、
 父に孤独を押し付けた事実は消えることはありません。

 けれど、私の代わりに祈ってくださる方がいらっしゃるので、
 いつかこの事実を抱えたままでも生きていきたいという力をいただけますように。

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

そうでしたね。 :: 2009/09/09(Wed)

コーヒーブレイクある友人への返信。。。

・・・・・・------★

皆さんで、今日の朝のミサを父のために
お願いしてくださったのですか。
ありがとうございます。

そうですね。
今の私は自らの罪の意識に
囚われていますが、
最も大切なのは、父の霊魂が安らぐことなのでした。



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

ありがとう、ごめん・・・。 :: 2009/09/08(Tue)

         横浜・ベイブリッジ

不完全な人間のうちでも、取り分け不完全な私ゆえ、
ときどき取り返しのつかないことをしでかします。

そう、決して取り返しのつかないこと。

取り返しがつくと思っていた…。
親は娘の都合がよいように、この地上で、もっとゆっくりしてくれると思い込んでいた。

もはや、顔と顔を合わせて、お父さんに謝罪できるのは、私も同じその国に召されたとき。

「後悔とか、自責の念とか…。でも、それなりの因果関係があるのではないか。」
そう言う兄の背中にも、釈然としない諸々が滲み出ています。

そう。
難しい人でした。
それゆえ、周囲の善意を傷つけました。

お通夜の夜、私たちきょうだいは、葬儀での喪主の挨拶文を考えながら、
弔われる人との、微笑ましい思い出になり得ない様々を語り合いました。

そして、そんな父の孤独が憐れで、きょうだいそれぞれに、心のうちで泣きました。

でも、父よ。
とにかく、なにごとにおいても頑張り抜いた父よ。

私は、言わなければなりません。
ありがとう、すまなかった、と。

お寺さんのご住職が贈ってくださった戒名は、
「長徳院浄賢直道居士」。
お父さんの一面を正確に表しています。
冷徹な娘は、少し救われた気がします。

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。