風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

おとうさん、それはないでしょう。 :: 2009/08/30(Sun)

            大桟橋から中華街方面 2

             容態の急変により、28日未明、
             父が帰天しました。
             急なことでしたので、
             私は最期に間に合いませんでした。
             昨日、納棺を終えました。
             父からの電話がどうでしてもつらくて、
             代わりに書いた手紙は、
             28日の昼に実家に届きました。
             あの手紙にお説教めいたことを
             書かなくてよかった。
             手紙は、納棺のときに
             開封しないまま納めました。

             それにしても、どうして今。

             それは、ないでしょう、
             おとうさん。

スポンサーサイト

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

思い切って捨てちゃいました。\(* ̄∇ ̄*)/ :: 2009/08/28(Fri)

気晴らしの場所 コチラやなぎはっかの先日までの
 パソコン・コーナーの様子です。
 その昔、やなぎはっかは
 いにしえの女流作家の姿に
 憧れて、嫁入り道具の一つに
 文机を入れてもらいました。ムフフ
 ま、カッコだけね。えへ

 けれど、寄る年波には勝てず、
 最近では持病の腰痛に加えて、
 膝の痛みまで出てきました。



ちょうどそこに、娘が部屋の模様替えを始めて、
以前、インザルームで買ったデスクがいらなくなったから、私にくれると言うのです。jumee☆yippee3R
それで、文机は押入れに片付けて、椅子の生活をすることにしました。

毎日少しずつ模様替えを続けてきたのですが、その間、やなぎはっかは、
整形外科の先生からリウマチの疑いがある、と言われました。
血液検査の結果、その可能性は極めて低くなったのですが、検査の結果を待つ数日の間は、
「やがて自由に動けなくなる日が来るのかもしれないなあ。」と考えていました。
そして、母が亡くなった後、持ち物の始末が大変だったことを思い出しました。

そんなこともありましたので、これをよい機会だと考えて、今、使っていないものは
思い切って捨ててしまうことにしました。
思い出の品をなかなか捨てられないやなぎはっかですが、
将来、この感傷によって、家族に生活し辛さを強いることになるのも
申し訳ないですから。

ずいぶん捨てましたが、まだ、45Lのゴミ袋に3~4個分位の
「迷いのもと」があります。でも、それも捨てましょう。







だいぶ居心地のよい
空間になりましたよ。






マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

イエスさま、あ!あれ、何だ!! †( ゚∇゚)エ? :: 2009/08/26(Wed)

8.jpg 言いたいことは山ほどあるけれど、
 したいお説教も何時間分もあるけれど、
 やはり、言えないのよね。
 老い先短い父親に。

 言葉で熱心に伝えても、
 その苦悩に添ったこととは
 思えないし。

 父のわがままに振り回されて50余年。

積年の想いがうずくので、せめて今くらい良い父親であってほしくて・・。

だから、
ねえ、イエスさま、ちょっと耳を塞いで、あっちを見ていていただけません?汗

イエスさま、あ、あれ、何だ! ・・・†( ゚∇゚)エ? ナニ??ハッカチャン・・・?。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

「太陽の賛歌」 :: 2009/08/24(Mon)

                    木の根

 


 神よ、造られたすべてのものによって、わたしはあなたを賛美します。

 わたしたちの兄弟、太陽によってあなたを賛美します。
     
 神よ、あなたの愛のためにゆるし合い、病(やまい)と苦しみを耐え忍ぶ者によって、
 わたしはあなたを賛美します。終わりまで安らかに耐え抜く者は、
 あなたから永遠の冠を受けます。
 
          ~「太陽の賛歌」(アッシジの聖フランシスコの祈り)より抜粋~
                      ―カトリック祈祷書「祈りの友」・カルメル修道会―



こんなに不器用に生まれた私でも、
かつては努力すれば、すべてが何とかなると信じていました。

「人生においては、何とかなるものの方が少ない。」
年を経るにしたがって、そう気づくようになりましたが、
今日は、祭壇の十字架を見つめながら、特にそう感じてミサに与りました。

身体をまとっている者としての限界があるなら、
神さま、せめて、砂粒ほどの
まことのやさしさと大らかさを、私にください。

病と苦しみに耐え忍ぶことを恐れる心に、共感する力を与えてください。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

「冷徹な娘」 :: 2009/08/22(Sat)

             大桟橋からみなとみらい

ずいぶん昔になるが、ある修道会の日帰り黙想会に定期的に通っていたころ、
参加していたとてもご高齢の方が、
「年を取りますと、ふっと寂しくなることがあるのですよ。」
と、仰っていた。

その方は、戦前は恵まれた境遇にいらっしゃったが、戦争の終結と共に
ご苦労を重ねて来られて、若くしてご夫君を亡くされていた。

気丈に、しかも献身的に生きて来られた、穏やかな方だった。
日々の出来事の一つ一つを、神様が引かれた設計図と受けとめていらっしゃる方が見せた、
束の間の弱さだった。

ふるさとの父に「電話しなくちゃ。」と焦るとき、そのときのことが頭をかすめる。

普通では、ちょっと考えられないようなわがままぶり、あまえぶり。
好きなことのためなら、すたすたと歩き出すのに、
24時間介護が必要な病人のように、悲劇的に振る舞うことが多い。
父は確かに重病を抱えているに違いないのだけれど、
自ら寝たきりになりたがっているように、冷徹な娘の目には映ってしまう。

テレビドラマに描かれるような介護を求める父の要望に応えようとしたら、
1日が1万時間あっても足りない。
父は理想の介護を求め、一つ一つが不満で、介護する人を休ませないだろう。

父もあのご高齢のご婦人が、ふとお気持ちをもらしたように、
何とも言えない寂しさに襲われているに違いない。分かっている。
まして、優秀な姉と弟に挟まれて、父親に疎まれて成長した父だから、
その寂しさには「見捨てられ不安」も伴うのだろう。それも分かっている。

分かってはいるのだが。

イエスさまなら、どう動かれるのだろう。
「どう思う」のではなく、「どうなさる」のだろう。

素直に受け入れ難い理由があるとはいえ、答えは出ている。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

柳発火?( ̄∇ ̄*) :: 2009/08/22(Sat)

横浜大桟橋 2 やなぎはっかは、・・・
 
 今、「やなぎはっか」と
 入力したところで、指が
 漢字変換のキーに触れて
 一瞬、「柳発火」爆弾
 文字が見えました。
 あらま。<(゚∇゚;)>すごい・・・。

 本当に、そうなのです。
 やなぎはっかは、
 ちょっとのことで


 「人につまずき」やすい性格で、最近も、周囲の友だちを
巻き込んで、悩みまくってしまいました。
そんな私の幼さゆえに、きっと何人かは傷ついたことと思います。
深く傷ついた人もいると思います。
夏休みが終わったら、謝罪しなくては。
それで、相手の傷が消えてなくなるわけではありませんが。

ひとり自分の世界に閉じこもっていたころには、
私の迷惑を被るのは限られた友人と家族だけでしたが、
「外界」に出て、「みんな」の中に飛び込みますと、いろいろなことが起こるものですね。
今までの私が面倒くさいと感じていたこととか。

それは、私が「お客様」から「一員」になったしるしだと思います。

それにしても、これまではひとりで鬱々としていれば済んだのですが、
ひとつのつながりに加わりますと、「悩むこと」「苦しむこと」「傷つくこと」にも
責任が生じるのだと、この年齢になって、初めて気づかされました。


           

  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

「なまぬるさ」 :: 2009/08/17(Mon)

日食の日・曇り空

   
    わたしはあなたの行いを知っている。
    あなたは、冷たくもなく熱くもない。
    むしろ、冷たいか熱いか、
    どちらかであってほしい。
    熱くもなく冷たくもなく、
    なまぬるいので、
    わたしはあなたを口から
    吐き出そうとしている。

      ~ヨハネの黙示録 3:15、16~ 
 
    




どこの社会でも同じだが、教会という社会に、
ある程度の繋がりを持つようになると、様々なタイプの人と出会う。

その中には、私とは絶対に合わない人だな、と感じる人もいる。

そして、この人と顔を合わせないで済んだら、
教会共同体とは何と居心地がよい所だろうか、と想像することがある。

だが、同時に人の尺度では測れない、私たちひとりひとり、それぞれに対する
神さまの意図や期待が仄見える気がする。

私には苦手なタイプの人だけれど、あのパワフルなリーダーシップがなかったら…、
(私はパワフルではない)
人から敬遠されても負けない強さが、その人になかったら…。
(私は孤立感だけで、いとも簡単につぶれる)

これまでに出会った人々を振り返ると、そういう人が、規模の差はあっても、
ひとつの「運動」に至るような、大きな働きの核になっているように感じる。

だから、実は心の内では、そういう人に対する苦手意識は、尊敬の念に変わっている。

どんな人間でも神ではないから、その人の大きな働きにもかかわらず、
その人の内面は周囲から理解されずに、
孤独に甘んじることもあるのだろうな、と思うことがある。

どんな人間でも神ではないから、
それぞれの持ち味のマイナスの面が、お互いを傷つけることにもなるのろうが、
案外、カトリック世界で「聖人」と崇められるような人は、私たちの尺度で見ると
「どうして、あの方が?」というタイプの人だったりするのかも知れない、と思うことがある。
(私は数年前に亡くなられた或る神父様のことを考えている)

分かるのだけれど・・・・・。
神のようにその人の心を見ることができたら良いのに。

なまぬるいこの心は・・・。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

死によって与え得るもの・・・大げさかもしれないけれど。 :: 2009/08/14(Fri)

大桟橋から中華街方面 2 やなぎはっかは、これから、
 腰痛対策のために
 作業スペースの模様替えを
 始めます。
 大掛かりな模様替えですので、
 徹夜仕事になるかもしれません。
 
 それで、ズルします。kao絵文字名を入力してください

↑野暮用のついでに横浜の海を見てきました。

 絵文字名を入力してください最近、あるところに書いた文章をそのまま掲載させていただきます。
   前にも、そんなズルをしたことがありましたよね。顔文字1(背景黒用)

          ・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

「改正臓器移植法成立に(主婦が)思ったこと」

失明を免れた10年程前、通院していた大学病院のアイバンクに登録した。
続いて黄色いドナーカードも持ち歩くようになった。
生き物としての死を迎える時、せめて生きたいと望む誰かの役に立つならと、迷いなくサインした。
わが身の提供については、問題はなかった。
だが、改正臓器移植法成立の報に、四年前の病院での母の死を顧みた。
意識、痛みへの反応ともになく、自発呼吸ができない母は、か細い脈を刻んでいた。
母が小康状態なのを見て、兄が忘れ物を取りに家に戻った直後、母の脈は乱れ始めた。
兄は母の拠り所だった。
私は母の耳元で、兄が帰るまで死んではいけないと繰り返した。
母の消えかけた脈は、声をかける度に回復し、兄が病室に戻ると、
母はそれを確認して安心したかのように息を引き取った。
あれ以来、分からなくなってしまった。心臓が止まる迄の半日位、母は死んでいたのだろうか、と。
将来、本人の意思が不明のまま、親族として臓器提供を求められ、応じることがあってもなくても、
私はそれを死ぬ迄自問し、苦悩するのだと思う。
兄に最期を看取られるのを待つかのようだった母を見つめていた私は、
どう判断すべきか分からない。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

「すべてはアッバの御手に」/平田栄一・著 :: 2009/08/14(Fri)

                      すべてはアッバの御手に
                  「すべてはアッバの御手に
                     ~井上洋治神父の言葉に出会うⅡ~」
                     平田栄一・著  / 聖母文庫
 


ネット友のURL余白さんこと平田栄一さんが、新しいご本を出版されました。

「アッバ」というのは、イエスが天の御父を、親しみを込めて呼んだことばで、
「おとうちゃん」くらいに訳すのだそうです。

平田さんは、作家の故・遠藤周作さんの親友でいらっしゃった
井上洋治神父様を師と仰いでいらっしゃる方です。

ところが、あまのじゃくのやなぎはっかは、何故だか
遠藤周作さんも井上神父様も苦手なまま、今日に至りました。

平田さんのご本のP.25にも、井上神父様のお言葉が引用されていますが、
「日本人の心情でイエスの福音をとらえないかぎり、それはあくまでも借りものの衣装であって、
自分のたけに合わない着心地の悪いものでしかない。」ということ。

これは、大学時代に聴いた、遠藤周作さんの講演会でのお言葉でもあるのですが、
「どうして、こういうことにこだわるのかなあ。」という幼い印象のまま、食わず嫌いで
今日までを過ごしたのです。
善き指導者に恵まれたのか、私は、「私=やなぎはっかのイエス」に
「着心地の悪さ」を感じたことがなかったからです。

でも、読み始めてはっと思ったのですが、遠藤周作さんも井上洋治神父様も
フランス留学のために、外国に暮らして、カルチャーショックを受けていらっしゃる。
このことは、とても大きかったのではないかと思いました。

このような具合に、このご本を読み始めたわけですが、
すでに第1章を読み終えたところで、井上神父様の感覚に
大事な部分で共感できる気がしました。

読み終えるころの自分のものの見方がどのように変わっているかが楽しみです。

なお、平田さんのご本はAmazonでも買えます。

それから、このご本を画面の左側のフリーウエアに貼り付けようと、1時間ほど
格闘したのですが、なぜかできません。悲しい
平田さん、もう少し努力してみますが、万年パソコン初心者の私ゆえ、
期待しないでください。顔文字1(背景黒用)

平田さんは、上記のブログの他に
ホームページURL「今を生きることば」も運営していらっしゃいます。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. この1冊

やなぎはっかもがんばる!  p(^ ^)q :: 2009/08/11(Tue)

ばなな・ぱうんどけーき     バナナパウンドケーキ

私たちの教会は、各地区が折々の行事に伴うパーティーを受け持つ。
私たちの地区も、秋のイベントを受け持っている。

面倒臭がりのやなぎはっかも、その日に向けてケーキを焼く練習をしている。
先生は、教会の仲良しだ。スマイル
このお友だち先生の優しいアドバイスは、とても行き届いていて、
「失敗しなけりゃ、やなぎはっかではないoowarai」はずが、
失敗しないで焼けるので、戸惑うほどに感動している。顔(きらきら)

やなぎはっかがまだ、「期待されるお母さん像」う~んwに支配されていたころ、
家族のために夢中でパンを焼いていた。
そのころの1斤用のパンの型の大きさが、バナナローフケーキにちょうどよくて、
今になって大活躍している。
お友だち先生は、大きなパウンドケーキの型を使っている。
このケーキ、バナナの香りがふんわりやさしく甘すぎず、
しっとりしていて、美味しいんだなあ顔文字♪

さあ、台風9号も去りました。
ウォーキングがてら、「究極のスーパー?nico  、生活者の最強の味方?ファイト」の
URLOKストアに、材料を買いに行って来ます敬礼

         ‥…━━━━━☆‥…━━━━━☆     

「バナナローフケーキ」 ~作り方メモ~

・準備 バナナ(1C=2、3本)はよく熟れたものを使う。
        →フォークでつぶして、レモン汁をふりかけておく。
     くるみ、ナッツ類、ドライフルーツなど・・・3/4C→刻んでおく。   
     材料Bを一緒にふるっておく。  
     型にバター(分量外)をしっかり塗って、粉(分量外)をはたいておく。
     余熱は170℃~180℃

・材料A
  ①無塩バター(または、マーガリン)・・・1/4ポンド(113g)
    →室温に戻して、マヨネーズ状、且つ、白っぽくなるまで、
     泡立て器でよく混ぜる。
     (やなぎはっかは、勿論、電動式泡立て器でガガーっと済ませる)
  ②砂糖(グラニュー糖)・・・1C(180g)
    →①に2、3回に分けて入れながら、さらによく混ぜる。
  ③卵・・・2個
    →1個ずつ割り込んでから②に混ぜる。
  ④ミルク・・・1/4C
    →③に入れる。混ぜる。
  ⑤レモン汁・・・少々
    →④に入れて、その中に、↓→泡立て器は 、ここでおしまい。
  ⑥バナナ・・・1C(2、3本)・・・前述の通り、フォークでつぶしたもの。
    →⑤に入れて、ゴムべらなどでよく混ぜる。
  ⑦くるみ、ナッツ、ドライフルーツなど・・・3/4C
    →⑥に入れて、ゴムべらなどでよく混ぜる。

・材料B →以下の材料を一緒にふるって、材料Aの項の⑦に混ぜる。
     粉(薄力粉)・・・2C(120g)
     ベーキングパウダー・・・小さじ2
      ベーキングソーダ(重曹、たんさん)・・・小さじ1/2
     バニラエッセンス・・・少々

   以上をバターを塗って、粉をはたいた型に直に流し込む。

  170℃~180℃のオーブンで45分~55分。
  串を刺して、何もついて来なかったら出来上がりです。GOOD


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

不思議 :: 2009/08/10(Mon)

賛美
 主よ
 私自身のつまらぬ不都合や
 とるに足りぬ不満の中で
 あなたを見いだすことは
 できませんでした。
 苦難に見舞われながらも
 私はあなたの贖罪的な
 受難のドラマを
 無駄にしてしまい
 あなたの過越の喜びを
 安っぽい自己憐憫によって
 曇らせてしまったのです。
 

                          主よ、私は信じます。
                          私の信仰を強めてください。

                              ~マザー・テレサの祈りより~



昨日の里帰り。
往きの特急電車の窓から見た景色は、どうしようもなく恨めしかったのに、
私を待っていたのは、兄夫婦のあたたかさとユーモア。
あたたかさに紛らせた病む老人との同居の苦労。
でも、昨日は、父の愚痴もほとんどなかった。
兄と実家の墓の掃除をした。

なぜ関係がつらくなってしまうのかについて
原因を追究する、というのではなく、
いまあるこのままを大きく受容できる自分であったら、と願う。
もっと、周囲と自分を許せば?

昨日の実家のあたたかさ。
私の中の何かが変わったから、というのではない。
私の在り方とは無関係に、
何か力が働いていた感じがした。

帰りの電車の中で、上に記した
マザー・テレサの祈りを見つけた。


  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

長崎原爆の日に :: 2009/08/09(Sun)

          伊香保温泉 09.07.26.



        「長崎の原爆の日にあたり、平和への祈りをささげます。
         戦争によって失われた多くの命を心にとめ、
         2度と悲劇を繰り返さないための
         決意を新たにすることができますように。」
             ~「聖書と典礼 2009.8.9、共同祈願例文」~




        理解と愛は、別々のものではなく、
        一つのものです。

        理解するとき、あなたは愛さざるを得ません。
        怒ることができません。
        理解を深めるためには、生きとし生けるものを
        慈愛の目で見ることを、
        実践しなければなりません。
        理解するとき、愛します。
        愛するとき、自然に、あなたは、
        人々の苦しみをやわらげる行ないをします。
                     ~ティク・ナット・ハンの言葉より~ 
                      「仏教の教え ビーイング・ピース
                        ~ほほえみが人を生かす~」/中公文庫 



        
        何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。
        あなたがた自身の内部で争い合う欲望が、その原因では
        ありませんか。あなたがたは、欲しても得られず、人を殺します。
        また、熱望しても手に入れることができず、争ったり戦ったりします。
        得られないのは、願い求めないからで、
        願い求めても、与えられないのは、自分の楽しみのために使おうと、
        間違った動機で願い求めるからです。
                                  「ヤコブの手紙 4・1-3」




  マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif
 

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

「起きて食べよ。」 :: 2009/08/08(Sat)

伊香保・緑・09.07.26.
 テレビに出てくる霊能者
 では あるまいし、
 神さまが安っぽくなる
 ようで抵抗があるのだが、
 時として何者かに
 呼ばれて、その時々の
 場所や状況に
 「今、置かれている」
 と感じることがある。

 今日もそんな気がした。

 明日は実家に行く日。
 実家に行くとなると
その「覚悟」だけでも大変なのに、朝から合宿に出かける息子を送り出したり、
ケーキを焼いたり、(実家は遠いし)忙しなかったので、何となく、明日の代わりに与る
今日の夕方の主日ミサはおサボりと決めていた。

ところが、午後になると、どうしてもミサに与りたくなった。
「今なら間に合う」と、顔に化けの皮を貼り付けコスメ、クローゼットで目に飛び込んだ服に着替えた。
その後にも、いくつかの「邪魔」があったが、なぜか教会に向かうことしか思い浮かばなかった。

              ~「列王記上19・4-8」~
       「(彼=エリヤは)自分の命が絶えるのを願って言った。
       『主よ、もう十分です。わたしの命を取ってください。・・・・』
       彼はえにしだの木の下で横になって眠ってしまった。
       ・・・・・・・
       主の御使いはもう1度戻って来てエリヤに触れ、
       『起きて食べよ。この旅は長く、あなたには耐え難いからだ』
       と言った。エリヤは起きて食べ、飲んだ。
       その食べ物に力づけられた彼は。40日40夜歩き続け、
       ついに神の山ホレブに着いた。(抜粋)


この第1朗読が読まれたとき、私は今日これを聴くためにミサに呼ばれたのだと思った。

聖書、あるいはいろいろな書物を読むと、神に見込まれた人がまず、
「神さま、なぜこの私などに。私よりもっと人望のある人にお命じになってください。」と、
神に向かって"YES."が言えない人の弱さが、あからさまになる場面がたびたび登場する。

自らを省みる。
たとえば明日のこと。・・・そう、明日のこと。
何かしら身構えなくては帰れない実家という場所。

誰もが神に見込まれ、誰もが神から使命を与えられ、神によって期待されている。
期待されているものが私の身の丈に合ったものに違いなくても、重いものは重い。

今日、私はミサで聖体拝領に与り、いのちのパンを戴き、
明日、実家に派遣される。

そう、神によって派遣されるのだ。

彼らを批判的に見たり、腹立たしく思ったりしてはならない。
悲しんでもいけない。

私の思いのためにではなく、
神のみ心が行われるための、小さなお手伝いのために派遣されるのだ。

忘れてはいけない。

       「神の聖霊を悲しませてはいけません。」 ~「エフェソ4・30~5・2」~



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

伊香保温泉・娘と。  その3 :: 2009/08/08(Sat)

伊香保・石段街・与謝野晶子の詩が刻まれた石段 伊香保温泉は、コンパクトな温泉街だ。
 そんな小ぢんまりした傾斜地に何軒もの
 大きな老舗旅館がひしめき合っている。kao05

      「伊香保の街」
 榛名山の一角に、段また段を成して、
 羅馬時代の野外劇場の如く、
 斜めに刻み附けられた 
 桟敷形の伊香保の街、
 屋根の上に屋根、部屋の上に部屋、
 すべてが温泉宿である、
 そして榛の若葉の光が
 柔かい緑で 街全體を濡らしてゐる。
 街を縦に貫く本道は
 雑多の店に縁どられて、
           長い長い石の階段を作り、
           伊香保神社の前にまで、
           Hの字を無数に積み上げて、
           殊更に建築家と繪師とを喜ばせる。
                  ~ 石段に刻まれた与謝野晶子の歌碑~


メインストリートである関所跡から伊香保神社までの石段街を、
運動不足の足でドタドタ上ったり下りたりしていて感じたのは、
住んでいる人々のつながりが緊密な町で、みんな仲良しなのかな、ということ。

町全体のひとりひとりが「おもてなしのプロ」スマイルという感じがした。みんなが親切だった。

私は日本旅館の「至れり尽くせり」に疲れてしまうタチなのだが、
横手館の皆さんのもてなし振りはさりげなくて、控えめで、居心地がよかった。
(だから、チェックアウトの時のアンケートでは○で囲むところを、花マルハナマルで囲んできた。ムフフ

伊香保・かじか橋

ところで、映画「千と千尋の神隠し」のモデルか?
・・と噂される場所がもう一つあるのだとか。
伊香保神社から湯元源泉地まで続く湯元通りを
のんびり歩くと、かじか橋という美しい橋がある。
映画の中の千尋ちゃんが息をとめて渡ったのは
こんな橋だったような・・・。

日ごろ押し寄せる野暮用で、
盛りだくさんの毎日を送っている私「お母さんおかあさん」には、
この位の規模の町で、
こんなさりげない親切に触れて、
数日温泉をゆっくり楽しむ方が
ありがたいかな?GOOD
と感じた。

お父さんさま、伊香保温泉は、
 日本三大ゆったり ハートありがとう
でしたよ!

それから、伊香保温泉への旅を最初に思い立った、娘のお友だちさん、
伊香保の紅葉は美しいそうですよ。紅葉
秋にもう1度、いかがですか?ニコッ

                   ・・・・・・------★

入ったお店→URL「伊香保段々豆腐」・・旅館のフロントで予約を取ってもらいました。

湯乃花饅頭→URL「勝月堂」(伊香保温泉観光ナビより)→店先で出来立ての熱々を戴けます。
          保存料などの添加物が入っていないので、夏場のおみやげとしては諦めました。                      
おみやげ→URL水沢うどん(万葉亭)

        URL湯の花饅頭(清芳亭)

        URL伊香保・女将さんグッズ「文香」


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

伊香保温泉・娘と。  その2 :: 2009/08/06(Thu)

伊香保温泉・横手館・本館・正面



伊香保は古くは東歌にも
歌われたらしい。
但し、歌われたのは
伊香保温泉のことではなく、
榛名山、榛名湖のことらしいが。


下調べも無しに新幹線「あさま」に飛び乗って訪れた私でさえ、
「いにしえの文士よろしく、こんな温泉地に長期滞在して、
随筆のひとつでも物したい。」と
夢見心地になった。そういう雰囲気がある街だった。

宿泊したのは、横手館

涼しげな素材の黒の作務衣姿の番頭さんに迎えられてタクシーから降りると、
横手館はどこかで見たような佇まい。
そうだ、絵文字名を入力してくださいあれだ。
感じのよいニコッ客室係のTさんが
「噂によりますと、建物が宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』のヒントになったとのことです。」
と、控えめに仰る。

伊香保・横手館・本館廊下 それにしても、
 初めに通された本館ロビーは
 大正時代~昭和初期の趣。
 ステンドガラス風の色硝子をカメラに
 収めようと思っていたのに、
 母娘で忘れてしまった。ショック01
 
 宿泊は別館に2つしかない
 特別室。びっくり
 広い和室の他に、
 我が家のリビングより広い
 洋室まで付いている。

「ねえ、大丈夫エエェッ!?!?何か間違えてない?」
「契約したときの控えがあるから、大丈夫。
旅行代理店がこのお部屋を、この料金で押さえているのかな?素敵ね~音符

私は、娘の友だちが高熱でふうふういっている間に、彼女が入るはずだった貸切風呂温泉
くつろぎ、彼女が楽しみにしていたであろうエステを受けた。
(初エステ!ずいぶんと、贅沢なものですな~wakuwaku
そして、ちょっと汗をかいたといっては、豊かに湧く伊香保の黄金の湯につかった。
専業主婦のお母さんにだって、こんな日があってもいい。
(何より、これは娘のお友だちさんのための人助けですからね。

ゆったりとくつろいでいると、夫からメールが届いた。メール

「あら、何かしらぁ?

sai.leter-w「おかあさんは、今日はお泊りですか?」転ぶコケッ!


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

祈りの日 「広島 原爆の日」 :: 2009/08/06(Thu)

伊香保温泉・カサブランカ 以前、広島在住の
 若いお母さんのブログを訪れたら、
 「今日は祈りの日です」
 という記事があった。

 そうだ。
 今日は8月6日。
 広島原爆忌。
 祈りの日だ。

 ほんの少し前まで、自分の宗旨と
 世間との折り合いについて、私は
何かと逃げ腰だった。

けれど、これからは信仰者として生きていきたい。

今日という祈りの日、私は先のローマ教皇、
URLヨハネ・パウロⅡ世が広島で全世界に向かって呼びかけた「広島平和アピール」
から、人間としての大事な言葉を抜書きさせていただこう。

平和を祈った何人もの尊い人々がいる。
彼らは、その気高さを誰かに称えられたくて祈りの言葉を残したのではない。
ひとりひとりの「私」が、そのメッセージをまことの我が想いとして受けとめて、
同じ祈りに生きることをも願ったのだと思う。

†神さま、日々の小さな事々の中にも、
 「平和のための道具」としての私自身の使命を
 見出すことができますように。

         ・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

       ~教皇ヨハネ・パウロⅡ世 広島『平和アピール』 1981.2.25.~

戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
過去をふり返ることは将来に対する責任を担うことです。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
(広島市の皆さんは)平和記念碑を造ることにより、広島市と日本国民は、
「自分たちは平和な世界を希求し、人間は戦争もできるが、平和を打ち立てることもできるのだ
という信念を力強く表明しました。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
広島を考えることは、平和に対しての責任をとることです。
・・・・・戦争という人間がつくり出す災害の前で、「戦争は不可避なものでも必然でもない」
ということをわれわれはみずからに言い聞かせ、繰り返し考えてゆかねばなりません。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
この国のすべての男女、全世界のすべての人々に次のように申します。
国境や社会階級を超えて、お互いのことを思いやり、将来を考えようではありませんか。
平和達成のために、みずからを啓蒙し、他人を啓発しようではありませんか。
相対立する社会体制のもとで、人間性が犠牲になることがけっしてないようにしようでは
ありませんか。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
神を信じる人々に申します。
われわれの力をはるかに超える神の力によって勇気を持とうではありませんか。
神がわれわれの一致を望まれていることを知って、団結しようではありませんか。
愛を持ち自己を与えることは、かなたの理想ではなく、
永遠の平和、神の平和への道だということに目覚めようではありませんか。
             `*:;,.★ ~☆・:.,;*
†最後に、わたしは自然と人間、真理と美の創り主である神に祈ります。
 神よ、わたしの声を聞いてください。それは、個人の間、
 または国家の間でなされた、すべての戦争と暴力の犠牲者たちの声だからです。
            
 神よ、わたしの声を聞いてください。わたしたちがいつも憎しみには愛、
 不正には正義への全き献身、貧困には自分を分かち合い、
 戦争には平和をもってこたえることができるよう、英知と勇気をお与えください。

 おお、神よ、わたしの声を聞いてください。
 そして、この世にあなたの終わりなき平和をお与えください。                



マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

伊香保温泉・娘と。   その1 :: 2009/08/05(Wed)

伊香保・石段街を見下ろす  束の間の休息。
 今年は特に貴重だ。

 その始まりに、思いがけず
 娘との1泊旅行が転がり込んで来た。
 7月下旬のことである。

 北関東育ちの私には、
 伊香保温泉という言葉の響きは懐かしい。
 身近な人々の小旅行先の温泉地として、
 幼いときから耳に馴染んできた。

 ところが、夫などは、
 温泉以外に何も楽しめないよ、
 「日本三大がっかり」だよ、
 と無礼なことを言って笑っていた。


娘は大学時代以来の仲良しと、なぜかそういう渋い場所を旅先に選んだ。

ところが、出発日の朝、その友だちから急病の報が届いた。熱が高いらしい。

当日キャンセルで迷惑をかけるので、友だちは娘の分も含めて、
キャンセル料のすべてをもつという。
私は私で、久々の仲良しとの再会と、楽しみにしていた旅行との
両方をあきらめる娘を可哀想に思った。

思わず、「私と行く?」と聞いてみた。

娘は大きな瞳を輝かせて、「ほんとォ?」と答えた。

それが可愛かったので、私もそのまま突っ走ってしまった。
娘に助けられて、ドタバタ洗濯その他を片付けて、出かける仕度を整えると、
二日酔いで、聞いているのか定かではない夫に、
「温泉に行って来ます!」と一声かけて出発した。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

大冒険! :: 2009/08/03(Mon)

再インストール 2009.8.2.
再インストールが済んだ我がパソコンである。
壁紙も新しくした。

何と大胆な冒険だったろう。
でも、世間の相場はどうであれ、
主婦・やなぎはっかにとって、
たった4年でパソコンを買い換えることは
更なる大冒険だったから、
買ってきたばかりのマニュアル本と首っ引きで、
頑張ってパソコンを
「出荷時の状態に戻す」作業をした。

もちろん、我が家の、
パソコンに強い3人(つまり私以外)が
揃っている休日を選んだわけだけれど・・・。

買ってきたマニュアル本は、私にも親しみ易い写真による解説書。
しかも、しつこいくらいに、念には念を入れて、夫のアドヴァイスのもとでバックアップもした。

だから、間違えようがないのに、最後の最後でクリックできない。

「いいですかぁ!!やっちゃいますよぉ!何があっても知りませんからね!」と、
家族の冷笑しか誘わない孤独な掛け声をして、目をつぶってクリックした。

面白いことに、我が家でいちばんパソコンの素人の私が、
パソコンに強い私以外の3人が体験したことのない作業をやってのけた。(^_^)v

これで駄目だったら買い換えようと思っていたのだが、
サクサクと、しばらくぶりの心地よさ。
破損していたワードも復活した。

やってみるものですね。(*^^)v


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。