風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「心にしみる聖書の言葉―大いなる父にいだかれて―」 :: 2009/07/30(Thu)

     心にしみる聖書の言葉・表紙 2
                                               写真・井澤邦輔氏

                 あなたは存在するものすべてを愛し、
                 お造りになったものを
                 何一つ嫌われない ~聖書・知恵の書 11:24~


 
                   「自分が嫌になりました
                  
                   そんなわたしでも
                   神に 造られました
                   神に 愛されています

                   ほっとします」      (井澤雅子)





「未熟だ、未熟だ」と口では言いながら、お腹の中では
「私はあの人よりは霊的に成長している」と思い上がっていることがままある。
いや、度々ある。
何年かに1度、そんな自分の愚かさ(時としておぞましさ)にはっとする。

今もそうだ。

井澤雅子さんには、大きなことから小さなことまで、毎日のようにお世話になってしまう。
いつかご恩返しをと思うそばから、井澤さんに泣きつくことの繰り返しなので、
最近はご恩返しもあきらめた。

心にしみる聖書の言葉
 その井澤さんがご本を出版された。

 「心にしみる聖書の言葉
     ―大いなる父にいだかれて―」
     文・井澤雅子  写真・井澤邦輔

                 URL教友社      

 今、自分の愚かさにはっとしているのは、
 1冊の本になった井澤さんの言葉を改めて
 読み直していると、その言葉が今の私を
 明らかに突き動かすからだ。

 井澤さんは、ご自分のうちの「私心」を
 可能な限り、小さくしよう小さくしようと、
 瞬間瞬間努力していらっしゃる方だ。
 この本の出版を決意されたのも、
 ご自分の名前を広めたいからではなく、

ご自分の生き方を明らかに変えた神のみ心をより多くの人に伝えたかったからだ。
その証拠に、井澤さんの言葉は何度読んでも新しく、たった今も私に内省を促すのだ。

井澤さんを知る仲間は、この本が手製のファイルだった時期を知っている。
その時から、井澤さんの言葉の隣には、ご主人様が折々に撮影された美しい写真があった。
それは琴線に触れる作品で、私は写真というものの力を初めて生で教えられた。

井澤さんによると、ご主人様の写真は教友社の献身的な努力によって、
もとの美しさを失うことなく印刷されたという。

井澤さんは、本の中で「聖書は 神様からの愛の便り」と仰っている。

井澤さんご夫妻によるこの「共同作品」は、神様への返信であると私は思っている。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


スポンサーサイト

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. この1冊

小さいことを、こつこつと。・結論 :: 2009/07/30(Thu)

        夕日

半年以上前に書きかけていた「小さいことを、こつこつと。」 
忙しさにかまけているうちに、小さな気づきがあった。それについて、
ある小さいところで発表したものを紹介して、結論とさせていただきたい。


信者を対象にしたある講演会の折、講演を待つ間、隣り合わせた人と挨拶代わりにお喋りをした。
数年前まで教会では「地底人」として過ごし、活動には殆んど関わって来なかったと告げると、
「あら、働き盛りが勿体ない!」と笑われた。私より年長の方だった。
言われてみて、「私は働き盛りなんだ。」と、気づかされた。
人間関係を築くのが苦手で、健康にも自信がなかった。
第一の関心事は、そんな自分をいかに守るかだった。
それが、この一年余、いきなり地表に引っ張り出される「事態」となり、
少しだが教会のお手伝いをさせて頂くようになった。
すると、居場所がないと信じていた教会が次第に居心地の良い空間になった。
気負う必要はなかった。目の前の事をしているだけで、名前を呼んで挨拶して下さる方が現れた。
困ったら、周りの人が助けてくれた。
勇気を奮って飛び込むと、教会は思ったよりも温かい場所だった。
このことは大事に隠されて、外からは見えにくい「教会の宝物」なのかもしれない。
「つながること」の大切さを学んだ一年だった。
それは頼まれた目の前の事から始めてみるだけでよかったのだ。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif



テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

久々の更新です。 :: 2009/07/29(Wed)

夏休みに入って、やっと一息ついている。

早春から教会の用事が増えて、
インターネットを覗くのも難しい状況が続いた。

用事や役が増えたのではなく、私が籍を置いている教会は、
昨年建物が新しくなったのだが、それも含めて様々な意味で
過渡期を迎えているのだと思う。

そんなときに地区の世話役の2年目を引き受けている。
次に続く方のために、できる限りサボろう、怠けよう、
と心がけている スマイルのだけれど、どうしようもないこともある。

それにしても驚いた。
最後の更新から半年以上にもなるのだ。

拙いばかりか、こうして管理人がときどき不在になるような
当ブログにわざわざお越しくださる皆様、ありがとうございます。

しばらくはお返事が書けないかも知れませんので、
引き続き当分の間、コメント欄は閉じさせていただきます。

さあ、夏休み。
夏休みの間だけでも頑張ろう。jumee☆faceA130


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。