風が往き交う場所

カトリックなおばはんの日々の戯書きです。                                   




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

実家訪問の1日 :: 2008/11/24(Mon)

遊歩道 グラウンド裏 老親と離れて暮らしていますと、
 さまざまなことで気を揉みます。

 何より厳しいのは、今日このときの
 親の様子を、直に目で確かめることが
 できないこと。

 これは、果てのない不安のもとに
 なります。

 私の父は、・・・いえいえ私自身も、
 相当に子どもっぽいので、
 お互いの身を案じての電話でさえ、
 くだらないことで、たびたび感情が
 ぶつかります。

 その挙句に、父と私の両方に苦味を
 残してしまったと、私のような者でも
 後悔の念に苦しみます。

が、そのこと以上に、実家の父の病状への不安がふくらんで、父の病状について、
悪いニュースを耳にしたくないあまりに、電話をすることにも、受け取ることにも、
強い恐怖感を覚えてしまうことがよくあります。

電話での喧嘩は、謝れば許し合えるわけですが、許される機会を失ってしまう
万が一の事態については、どうしようもなく恐ろしくて、その不安を乗り越えることが
なかなかできません。

1、2ヶ月に1度の実家への訪問は、私のそんな罪意識を一掃してくれます。
そして、訪問した後の数日間は、不安から解放されて、安らいだ日を
過ごすことができるのです。

今日、2ヶ月ぶりに父の顔を見て来ました。

前回訪問したときより、実家の雰囲気は穏やかになり、
医師がはっきりと説明してくれない、気になる痛みに耐えながらも、
聞いている私がいやんなっちゃうような、いつもの泣き言は
影をひそめてしまいました。

ときどき、老親の身を案じての焦燥感を棄てられない私なら、
生涯を親の面倒を見て過ごす道を選ぶべきだったか、と、
わが身を恨めしく思ってしまいますので、
こういう再会には大変慰められます。

高齢であるばかりでなく、大病と折り合いをつけて日々を送る
父ですから、今日の訪問が今生の別れになるかも知れないことを
覚悟しておくべきなのでしょう。

ともかく、今日、親子としての過去の様々な感情を、
お互いに胸に納めて、ともに時間を過ごせたことに感謝。

兄と兄嫁さんと、甥っ子、姪っ子の明るい持て成しにも感謝。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


スポンサーサイト

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 未分類

人の「魂と心と目を生き返らせる」もの :: 2008/11/22(Sat)

都会の紅葉 

 主の律法は完全で、魂を生き返らせ
 主の定めは真実で、無知な人に知恵を与える。
 主の命令はまっすぐで、心に喜びを与え
 主の戒めは清らかで、目に光を与える。
                 ~詩編19:8-9~

           「聖書」日本聖書協会・新共同訳


 旧約聖書の詩編19を、教会のあるグループで
 読む機会に恵まれました。
 日ごろから不勉強な私は、予習することもなく、
 いきなり皆さんと声を合わせて読みました。
 そして、皆さんが読むのを耳にして、
 この箇所にハッとしました。

 カトリック教徒の私たちが信じている
 神の国(神の愛による支配)の完成に向けての

「産みの苦しみ」なのだと思いますが、
どこまでも努力を重ねても、決して完璧になり得ない私たちは、
日々を生きて、人間関係の不自由さに疲れることがしばしばあります。

私は、そういうことが煩わしいので、つい単独行動に走りがちです。

しかし、「寂しさという本能」を持って生まれる人間ゆえ、
うっかりすると、「共同体」の繋がりに期待を寄せてしまい、
自分がしがらみの渦に巻き込まれていることに気づくことがあります。

しがらみが運んで来るいくつかの問題に怒りや悔しさを覚えたり、
困り果てたりしながら、自分の「天敵」になりそうな人を指さして、
一丁前に呆れたり、嘆いちゃったりします。

時として、歪んだ正義感が暴走して、
私の周囲の人々を居づらくさせている特定の人について、
陰口を叩いて、思い切り攻撃しちゃったりします。

やがて、私の心の奥に後味の悪いものが残ります。

こういうとき、先程の正義感は、
あくまでも「私の中の正義感」であって、
「人間の正義」なんかではなかったのだなあ、としみじみと反省します。

私の怒りに任せた陰口は、
誰の魂も生き返らせることもなく、
誰の心に喜びを与えることもなく、
誰の目に光を与えることもない…きっと。

なのに、どうして、何歳になっても同じようなことで失敗するのかしら。

いつの日か、私が真の裁きを受ける日、
神さまが、私のおっちょこちょいを許してくださいますように。

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. 今日の想い

更新が遅くて、ごめんなさい。 :: 2008/11/22(Sat)

壁に這う蔦  更新が遅くて、ごめんなさい。

  「どうして、こんなに
   時間のゆとりがないのかしら。」と、
  いつもの堂々巡りです。

  確かに、私には、省くことができない上に、
  楽しくない用事が山積みなのですけれど…。

  作家の三浦綾子さんは、生前、
  「毎日の家事をきちんとこなそうとすると、
   私には自分の時間は永遠にやって来ない。」
  というようなことを書いていらっしゃった
  ように思います。
  

そして、何も書けなくても、毎日机の前に座る時間を
確保し続けなくては、何も生まれない、
ということも書かれていたような記憶があります。

私は、三浦綾子さんのような作家でもなく、偉大な人物でもなく、
ただの「馬の骨」だけれど、
自分の時間が取れなくて心が焦るときに、
いつも三浦綾子さんの作家としての
そんな心構えを思い起こします。

それはともかく、先日、ある公開講座に参加しました。

「更新の遅いホームページは魅力がない。
更新は、出来れば、1週間に1度くらいが理想的。」

と、仰った講師は、何と、神父様( ̄人 ̄)†アーメン・・です。

お断りしておきますと、神父様が仰りたかったのは、
各教会のホームページのことなのですが。

「魅力あるブログ」からは、内容の面でも程遠いのですが、
私も1週間に1度位は、パソコンを前にする時間が
欲しいものだと思いました。

どうか、当ブログを長い目でお見守りください。


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

修道院の午後 その3 :: 2008/11/02(Sun)

買ってきたシスター方の作品です。

シルバーシスターズ 名づけて、
 「シルバーシスター
  ズ」!

 1体100円でした。
 3体が残っていました。
 ばらばらにしては
 かわいそうなので、
 3体いただいて
 きました。





たまごのポプリ


            「たまごのポプリ」です。
            実は、この作品も3つの作品を組み合わせて
            飾ってみました。

            イースターの季節には喜ばれるでしょう。

            軽い樹脂製?の卵に、和紙や時代布、
            パッチワーク用の端切れが
            ほどこされています。

            ほのかな甘い香りがします。








ミニ・ロザリオのストラップと、ブレスレッド式のミニロザリオです。 きれいですね。

ロザリオストラップ   ミニロザリオ



買ってきたばかりではありません。
しおり、鍋敷き(紐を指で編んだもの)と、クッキーとパウンドケーキを
いただいてしまいました。
お菓子の写真?・・・無理です、その日のうちに家族でいただいてしまいました。にっこり

                     いただきもの


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

修道院の午後 その2 :: 2008/11/02(Sun)

私がお邪魔したのは、ご高齢になられたシスター方が集う
小規模なデイケアの施設でした。
ここは、「シスター向け」というわけではないようですが、
目下のところ、利用しているのはシスター方だけのようです。

しかし、ここに集うシスター方は、現役を引退して、
悠々自適の日々を送っているわけではないのです。

それぞれがやりたいという意思に基づいて、出来ることをして
働いていらっしゃるのです。
介護福祉士の方の大事な仕事は、お年寄りが転んだりしないように、
足元の安全に気を配ることだ、というのです。

その日の午後、私が時間をともにしたシスター方の中には
103歳のシスターがいらっしゃいました。
週末のお昼ご飯は、このシスターが陣頭指揮を取って作られるそうです。
103歳のシスターが、食材がどっさり入ったボウルなどを自分で
運んでしまうのを、介護福祉士の方は止めたりしませんでした。

また、ここに集って、皆さんで作った手芸品などは、
バザーを開いて販売します。
販売も、ご高齢のシスター方の役割です。
収益はカンボジア支援に当てるそうです。

それから、ここを訪れるお客様のお持て成しには、
シスター方手作りのクッキーやフルーツケーキが登場します。

私も、ほっぺがぽちゃぽちゃした、小柄で可愛らしいシスターに、
私のマドレーヌ作りの失敗の原因を探していただきました。

けれど、シスター方のいちばんの仕事は「祈る」ことです。
「目には見えない大事なこと」を信じて、生涯を通して祈ることです。
祈り続けることは、たやすいことではありません。
けれども、身体の一切の自由を失っても続けられる尊い仕事です。

そんなシスター方と、楽しく過ごしていた午後、
先程の103歳と90歳代のシスターが、同じソファに腰をおろしたまま、
気持ちよさそうに寝息を立て始めました。

それを見ていた車椅子のシスターが「可愛らしいこと!」と、笑います。
まるで、路傍にちょこんとして、微笑んでいる仏像のようです。
私は大ファンなのですが、URL五十嵐かりんさん作のURL「ぐれ地蔵さん」も、
100歳位になったら、こんな愛らしい微笑みを湛えて、お昼寝したりするのかしら。

シスター方の作品を数点買って来ましたよ。
                             (「その3」に続きます。)

マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと

修道院の午後 その1 :: 2008/11/02(Sun)

               足元の花

日々、この国全体の高齢化傾向を実感せずにはいられませんが、
カトリックの修道院には、志願者の著しい減少によって、
なおさら高く激しい高齢化の波が押し寄せています。

先日、学生時代に度々お邪魔した修道院を訪れました。
最後にお邪魔してから、25年以上が経ちました。

若い頃の記憶では、修道院は世田谷区のある私鉄駅から
徒歩1分ほどの所にあって、隣接した女子学生用・勤労女性用の寮には、
地の利の良さも手伝ってか、寮生が居ないことはなかったと思います。

しかし、世の中の個人主義志向によって、
とうの昔に寮生活は流行らなくなったのでしょう。
久しぶりに伺った修道院の敷地内の、
私もゲストとして時々宿泊させていただいた寮は既に廃され、
リフォームされて、第1修道院、第2修道院…、
そして、ご高齢になられたシスター方のための建物になっていました。

それにしても、篤い信仰に生きる方々とはいえ、
皆さん、よくぞ「女同士の集団生活」のもろもろのことを越えられて、
微笑みをたたえながら過ごしていらっしゃると思いました。

                         (「その2」に続きます。)


マリンクローバーいつも、応援のクリックをありがとうございます。心の励みになります。マリンクローバー

banner2.gif c_02.gif


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。